脇差
銘 近江守法城寺橘正弘(初代)
(業物)

Wakizashi
Omi no kami Hojoji Tachibana no MASAHIRO
(the founder)(Wazamono)


武蔵国 寛文頃 約三百五十年前

刃長 一尺三寸一分六厘
反り 三分三厘
元幅 一寸一分五厘
先幅 一寸七厘
棟重ね 二分三厘
鎬重ね 二分六厘
彫刻 表裏 棒樋掻流し

金着一重ハバキ 白鞘入

昭和三十五年大阪府登録

特別保存刀剣鑑定書

Musashi province
Kanbun era (A.D.1661-1673, early Edo period)
About 350 years ago

Hacho (Edge length) 39.9㎝
Sori (Curvature) approx.1cm
Moto-haba (Width at Ha-machi) approx. 3.48㎝
Saki-haba (Width at Kissaki) approx. 3.24cm
Kasane (Thickenss) approx. 0.79㎝
Engraving: "Bo-hi" kaki-nagashi on the both sides

Gold foil single Habaki / Shirasaya

Tokubetsu-hozon certificate by NBTHK

 南北朝時代の但馬国に栄えた法城寺國光の、「法城寺」を名乗りとしたのが江戸で活躍した法城寺正弘である。本国但馬で名を滝川三郎太夫といい、江戸城下滝川町(注①)に居住して虎徹や興正、大和守安定などの優工と切磋琢磨した。これにより、地刃が一際冴えて刃味優れ(注②)、「虎徹と変る處なきを以て近年殊に鑑賞厚い(注③)」と評価が頗る高い。
 表題の脇差は身幅極めて広く、先幅も広く重ね厚く、一尺三寸程の長さながら鋒大きく延び、棒樋が掻かれてなお手持ちズシリと重く、正弘の遠祖但州法城寺の長刀を直した姿を想起させる豪快な一振。地鉄は小板目肌が詰み、地景が縦横に入って強靭な面持ちとなり、小粒の地沸が厚く付いて地肌にしっとりとした潤いが感じられる。焼高い刃文は互の目に尖りごころの刃、浅い湾れを交え、刃縁に厚く沸が付いてわずかにほつれ掛かり、長短の足や葉が盛んに入った刃中は匂で澄む。帽子は尖り刃を交えて激しく乱れ込み、横に展開して焼詰め風にごく僅かに返る。茎の保存状態は良好で、細鑚で軽快に刻された特徴的な銘字は今尚鑚枕が立って鮮明。室内での危機への備えの為に腰に備えた一振であろうか。江戸気質を全身にまとった出来優れた一振である。

注①現東京都中央区銀座五・六丁目辺り。

注②「脇毛二ノ胴重二ツ胴截断」の寛文六年山野久英の截断銘入の刀がある(『銀座情報』百六十一号)。

注③藤代版『日本刀工辞典新刀篇』。

脇差 銘 近江守法城寺橘正弘(初代)(業物)脇差 銘 近江守法城寺橘正弘(初代)(業物)脇差 銘 近江守法城寺橘正弘(初代) 白鞘

 

脇差 銘 近江守法城寺橘正弘(初代)  差表切先脇差 銘 近江守法城寺橘正弘(初代)  差表区上脇差 銘 近江守法城寺橘正弘(初代)  差表ハバキ上

脇差 銘 近江守法城寺橘正弘(初代)  差裏切先脇差 銘 近江守法城寺橘正弘(初代)  差裏区上脇差 銘 近江守法城寺橘正弘(初代)  差裏ハバキ上

脇差 銘 近江守法城寺橘正弘(初代) ハバキ