銘 行吉(波平)

Katana
Sig. YUKIYOSHI (Naminohira)


薩摩国 室町時代中期 約五百二十五年前

刃長 二尺六分六厘
反り 二分
元幅 九分四厘
先幅 五分四厘半
重ね 三分
彫刻 表裏 棒樋掻流し

金着一重ハバキ 白鞘入

佐藤寒山博士鞘書「天文頃二字在銘珍重也」

昭和二十七年東京都登録
保存刀剣鑑定書(波平 室町時代中期)

Satsuma province
Mid Muromachi period (late 15th century)
About 525 years ago

Hacho (Edge length)62.6cm
Sori(Curvature)approx. 0.61cm
Moto-haba (Width at Ha-machi) approx.2.85㎝
Saki-haba (Width at Kissaki) approx.1.65cm
Kasane(Thickness) approx. 0.91cm
Engraving: "Bo-hi" kaki-nagashi on the both sides

Gold foil single Habaki

Calligraphy on the shirasaya
written by Dr. Sato Kanzan
"Tenbun era, ""It is rare to engrave only Yukiyasu"

Hozon by NBTHK
(Naminohira, mid Muromachi period)

 行吉は室町中期の薩摩国波平派の刀工。平安末から鎌倉初期(注①)に大和から来たと伝える祖先正國、行安以来の鍛法を守って槌を振り、刃味優れてしかも強靭な刀を製作し、武士の信頼に応えている。
 この刀は身幅尋常で、身幅の割に重ねが頗る厚く、腰反り高く付いて先反りも加わり、棒樋が深く掻かれて操作性に優れた、小太刀を想わせる美しい姿。地鉄は薩摩古作に特徴的なねっとりとした小板目肌で、刃寄りに綾杉状にうねる柾を交えて深く錬れ、鉄色黒みを帯び、小粒の地沸が厚くつき、平地に淡く映りが立つ。細直刃の刃文が刃縁潤みごころとなる点も薩摩伝。刃境に小さな湯走り、打ちのけ、細かな金線、砂流し、処々青江にも見られる段状の湯走りかかり、焼刃の変化は小模様にして繊細。帽子は小沸付き、掃き掛けて小丸に返る。茎は細かな檜垣鑢で丁寧に仕立てられ、入念に刻された二字銘も貴重。高位の武士が、太刀として、あるいは打刀として使い分けたものであろう。波平の特色が顕著でしかも出来優れ、戦国時代の波平鍛冶(注②)の活動の跡を示して、頗る貴重である。

注①…『源平盛衰記』にも記載がある。

注②…『刀剣銘字大鑑』に文明頃の波平吉安作の脇差、『薩摩刀と島津家伝来の名刀』に延徳三年紀の浪平安行の脇差がある。いずれも細直刃。

刀 銘 行吉(波平)刀 銘 行吉(波平)刀 銘 行吉(波平) 白鞘

 

刀 銘 行吉(波平) 差表切先刀 銘 行吉(波平) 差表中央刀 銘 行吉(波平) 差表ハバキ上

刀 銘 行吉(波平) 刀身差裏切先刀 銘 行吉(波平) 差裏中央刀 銘 行吉(波平) 差裏ハバキ上