銘 (菊紋)山城守藤原國清
(業物)

Katana
Sig. [Kiku-mon]
Yamashiro no kami Fujiwara no KUNIKIYO
(Wazamono)


越前国 寛文頃 約三百四十年前

刃長 二尺二寸八分五厘
反り 三分三厘
元幅 一寸四厘
先幅 六分九厘半
棟重ね 二分
鎬重ね 二分二厘半

金着二重ハバキ 白鞘入

昭和三十九年大阪府登録

特別保存刀剣鑑定書

Echizen province
Kanbun era (A.D.1661-1672, early Edo period)
About 340 years ago

Hacho (Edge length) 69.3cm
Sori (Curvature) approx.1cm
Moto-haba (Width at Ha-machi) approx. 3.15㎝
Saki-haba (Width at Kissaki) approx. 2.11cm
Kasane(Thickness) approx. 0.68cm

Gold foil double Habaki / Shirasaya

Tokubetsu-hozon by NBTHK

 國清家は、寛永元年松平忠昌に従って越後高田より越前北庄に入った吉右衛門に始まる。初代は肥前刀の如き中直刃(注)を最も得意とし、朝廷より山城守の官途と菊紋を拝領した名工。初代の没後は初め國宗と銘した孫の新兵衛が家督を相続して國清二代を襲名。初代の作風を忠実に踏襲し、尚武の気風盛んな越前藩家中の需めで槌を揮っている。
 この刀は國清二代の寛文頃の作と鑑られ、やや区送りながら、身幅重ね充分に、庵棟やや急に造り込まれて鎬の線きりっと立ち、反り浅く中鋒にて姿整う。地鉄は板目に杢、刃寄りに柾を配して強く錬れ、粒だった地沸が厚く付き、地景太く入って肌目が立ち、地肌に活力漲る。刃文は國清の真骨頂ともいうべき中直刃。浅い互の目を交え、小沸深く付き、刃寄りの柾に感応して刃境に小形の金線と段状の湯走りかかり、二重刃・喰違・ほつれ・打ちのけ風の刃を交えて小模様に変化、刃中は匂充満して澄む。帽子はふくらに沿って小丸に返る。茎には十六葉菊紋が入念に刻され、名門越前松平家の抱工の自信と誇りが示されている。

注…神津伯氏は『新刀鍛冶綱領』で「匂深く至って見事にして肥前物などの風あり」と述べている。

刀 銘 (菊紋)山城守藤原國清(業物)刀 銘 (菊紋)山城守藤原國清(業物)刀 銘 (菊紋)山城守藤原國清 白鞘

 

刀 銘 (菊紋)山城守藤原國清 差表切先刀 銘 (菊紋)山城守藤原國清 差表中央刀 銘 (菊紋)山城守藤原國清差表ハバキ上

刀 銘 (菊紋)山城守藤原國清 刀身差裏切先刀 銘 (菊紋)山城守藤原國清差裏中央刀 銘 (菊紋)山城守藤原國清 差裏ハバキ上


刀 銘 (菊紋)山城守藤原國清 ハバキ