銘 肥前住播磨大掾藤原忠國
(業物)

Katana
Sig. Hizen ju Harima daijo Fujiwara no TADAKUNI
(Wazamono)


肥前国 慶安頃 約三百七十年前

刃長 二尺三寸五分六厘
反り 五分六厘
元幅 一寸三厘
先幅 六分七厘
棟重ね 二分三厘
鎬重ね 二分五厘

金着一重ハバキ 白鞘付

黒変り塗鞘半太刀拵
拵全長 三尺五寸三分
柄長 八寸六分

平成十年静岡県登録

特別保存刀剣鑑定書

Hizen province
Keian era (A.D.1648-1651, early Edo period)
About 370 years ago

Hacho (Edge length) 71.4cm
Sori (Curvature) approx.1.7cm
Moto-haba (Width at Ha-machi) approx. 3.12㎝
Saki-haba (Width at Kissaki)approx. 2.03cm
Kasane (Thickness) approx.0.76cm

Gold foil single Habaki / Shirasaya

Kuro kawari nuri saya, han-dachi koshirae
Whole length: approx. 107cm
Hilt length: approx. 26cm

Tokubetsu-hozon by NBTHK

 肥前國忠吉に代表される肥前刀は、有田焼にも増して評価の高い鍋島侯自慢の芸術品。均整のとれた姿、精良な地鉄に明るく冴えた刃文が肥前刀の特色でありかつ美点であったが、中でもその姿の美しさが賞美されたのが播磨大掾忠國。肥前國忠吉の甥として慶長九年に生まれ、寛永十三年に播磨大掾を受領。佐賀支藩小城藩工となり、柳生新陰流を修めた藩主鍋島元茂に仕え、刃味が優れてしかも美しい刀を手掛けた。
 この刀は鎬筋が凛と立ち、反りやや高く中鋒の、上品な姿。地鉄は小杢目肌が詰み、細かな地景が縦横に働いて活力漲り、地沸厚く湧いてしっとりとした潤い感があり、透き通るような美肌は肥前刀の優質そのもの。師忠吉譲りの直刃の焼刃は、刃縁に沸の粒子が厚く付いて眩く輝き、刃境に掛かった小形の金線と砂流しが覇気を感じさせ、小足が無数に入り、微細な沸の粒子で刃中は澄明。帽子は僅かに掃き掛けて小丸に品よく返る。茎は先が僅かに括れて忠國初代の特色が顕著で、鑚強く刻された銘字は磨の第一画が◆(菱形)となりこれも忠國の特徴。播磨大掾忠國の個性が見事に発揮された出色の出来栄えとなっている。
 附されている黒変り塗鞘半太刀拵は、金粉塗鮫着の柄前に時代色があり、拵を装う堅牢な鉄地一作金具に銀布目象嵌の唐草文が渋く映え、鞘に遺された帯擦れの傷みが実用の時代の厳しさを偲ばせる景色となっている。

刀 銘 肥前住播磨大掾藤原忠國
(業物)刀 銘 肥前住播磨大掾藤原忠國
(業物)刀 銘 肥前住播磨大掾藤原忠國 白鞘

黒変り塗鞘半太刀拵 刀 銘 肥前住播磨大掾藤原忠國黒変り塗鞘半太刀拵 刀 銘 肥前住播磨大掾藤原忠國

刀 銘 肥前住播磨大掾藤原忠國 差表切先刀 銘 肥前住播磨大掾藤原忠國 差表中央刀 銘 肥前住播磨大掾藤原忠國差表ハバキ上

刀 銘 肥前住播磨大掾藤原忠國 刀身差裏切先刀 銘 肥前住播磨大掾藤原忠國 差裏中央刀 銘 肥前住播磨大掾藤原忠國 差裏ハバキ上



刀 銘 肥前住播磨大掾藤原忠國ハバキ