短刀
銘 薩州住平安吉作

Tanto
Sig. Sasshu ju Taira no YASUYOSHI saku


薩摩国 江戸時代後期 文久頃 百六十年前

刃長 七寸三分五厘
内反り僅少
元幅 八分
重ね 二分四厘

金色絵一重ハバキ
白鞘付

黒蝋色塗鞘小さ刀拵入
拵全長 一尺三寸四分六厘
柄長 三寸六分三厘

昭和二十六年東京都登録

保存刀剣鑑定書 (新々刀)

Satsuma province
Late edo period, Bunkyu era, about 160 years ago

Hacho (Edge length) 22.9cm
Slightly curved inward
Moto-haba (Width at Ha-machi) 2.43㎝
Kasane (Thickness) 0.73㎝

Gold plating single Habaki / Shirasaya

Kuro ro-iro nuri saya, chisagatana koshirae
Whole length 0.8cm
Hilt length 11cm

Hozon certificate by NBTHK (Shinshinto)

 薩州平安吉は『日本刀銘鑑』によれば、奥元平門で文政頃の川口喜右衛門安吉と、文久から慶応の平姓を切る安吉がある。師元平の作刀協力に終始したためであろう、遺作は極めて少ない。
 この短刀は文久頃の安吉二代の作で、寸法の割りに身幅広めで重ね厚く、僅かに内に反ってふくらの枯れた鋭利な姿。地鉄は小板目肌が詰み、地沸が厚く付いて精強な肌合。直刃の刃文は、銀砂のような沸で刃縁が明るく、ほつれ、喰い違い、二重刃が掛かり、殊に下半の働きが繊細。刃縁の沸には雪の叢消えの態が看取され、正宗、貞宗などの相州上工を念頭に置いた製作意図が明らか。帽子は焼深く、ここも二重刃がかり、突き上げごころとなって小丸に返る。保存状態が良好な茎は、奥元平と同じ舟底形に剣形の仕立てとされて、銘字も元平同様に棟に沿って神妙に刻されている。
 黒漆塗鞘の小さ刀拵は薩摩拵で、栗形が鐔元から指二本半程に位置しており、手に取るだけで鞘口を切っての抜刀が可能な実戦仕様。鉄地に桜花文銀象嵌の頭は堅牢な印象。動乱期を生きた薩摩武士が大刀の添指とした作(注)である。

注…幕末の武士の写真を見ると、大刀に脇差ではなく、短刀を指している例が少なくない。

短刀 銘 薩州住平安吉作黒蝋色塗鞘小さ刀拵 短刀 銘 薩州住平安吉作短刀 銘 薩州住平安吉作 白鞘

 

黒漆塗一分刻鞘合口拵 短刀 無銘 平戸左黒蝋色塗鞘小さ刀拵 短刀 銘 薩州住平安吉作

 

短刀 銘 薩州住平安吉作 刀身差表 切先短刀 銘 薩州住平安吉作 刀身差裏切先





短刀 銘 薩州住平安吉作 ハバキ