短刀
銘 以真金伸咲作之
壬午歳正月吉日

Tanto
Sig. Shin-gane wo motte SHINSAKU kore wo tsukuru
Mizunoe-Uma no toshi Shogatsu kichijitsu


赤松伸咲 岡山県倉敷市 平成十四年作

刃長 七寸六分
元幅 七分四厘
重ね 一分七厘
彫刻 表 剣巻龍陰刻 裏 腰樋掻流し
銀無垢一重ハバキ

金叢梨子地塗秋草蒔絵鞘合口短刀拵入
全長 一尺二寸二分一厘
柄長 三寸四分六厘半

平成十四年岡山県登録

価格 四十五万円(消費税込)

Akamatsu SHINSUKE
Kurashiki city, Okayama prefecture
Forged in 2002

Hacho (Edge length) 23cm
Moto-haba (Width at Ha-machi) approx.2.24㎝
Kasane (Thickness) approx.0.52㎝

Silver single Habaki

Kin mura-nashiji nuri "Akikusa" makie saya,
aikuchi tanto koshirae
Whole length approx. 37cm
Hilt length approx.30.6cm

Price 450,000 JPY

 昭和六十年に人間国宝の隅谷正峰師に入門した赤松伸咲刀匠は、それまで備前長舩博物館で学芸員を勤め、数々の名刀を実際に手にとって観察しており、その経験を活かした作刀活動を展開している。新作名刀展では平成二年に優秀賞と新人賞を受賞し、倉敷に鍛冶場を開設した。師より学んだ備前伝と青江伝を得意とし、逆丁子出来の華やかな刃文や互の目乱で人気を博している。 この短刀は、秋草蒔絵が施された鞘の短刀拵に収められているお守り刀。鎌倉時代後期の短刀を見るように安定感のある姿格好で、茎は舟底形。小板目鍛えの地鉄は、地底に細かな地景を伴って肌起つ風をみせ、地沸が付いて一段と古調。二つ三つと互の目が連なり、湾れを伴って抑揚のある刃文構成とし、浅く乱れ込んだ帽子は、先端が小丸に返る。匂口柔らかな焼刃は、刃中に明るい匂を敷き、淡い足がここに広がる態を成して上品。綺麗な仕上がりとなっている。
 拵は、黒蝋色地に金粉を叢梨子地に蒔散し、さらに金銀粉の盛り上げ蒔絵に朱漆で菊花を、紫漆で桔梗の花を付描した、華やかで上品な合口様式の造り込み。伝統を守りながらも新たな美観を創造する現代職人の、美意識が溢れた作品となっている。

短刀 銘 以真金伸咲作之 壬午歳正月吉日短刀 銘 以真金伸咲作之 壬午歳正月吉日

黒蝋色塗秋草蒔絵鞘合口短刀拵 短刀 銘 以真金伸咲作之 壬午歳正月吉日黒蝋色塗秋草蒔絵鞘合口短刀拵 短刀 銘 以真金伸咲作之 壬午歳正月吉日

 

短刀 銘 以真金伸咲作之 壬午歳正月吉日 差表切先短刀 銘 以真金伸咲作之 壬午歳正月吉日 差表ハバキ上

短刀 銘 以真金伸咲作之 壬午歳正月吉日 差裏切先短刀 銘 以真金伸咲作之 壬午歳正月吉日 差裏ハバキ上

短刀 銘 以真金伸咲作之 壬午歳正月吉日 ハバキ