短刀
折返銘 高天神

Tanto
Sig. (Ori-kaeshi)
TAKATENJIN


美濃国‐遠江国 天文頃 約四百七十年前

刃長 八寸二分一厘
反り僅少
元幅 八分四厘
棟重ね 一分六厘
彫刻 表裏 腰樋掻き流し

赤銅地一重ハバキ 白鞘付

朱石目地塗鞘合口短刀拵入
拵全長 一尺二寸四分
柄長 三寸七厘

昭和三十五年埼玉県登録
特別保存刀剣鑑定書 (兼明)

価格 六十五万円(消費税込)

Mino - Totoumi province
Tenbun era (A.D. 1532-1554, late Muromachi period)
about 470 years ago

Hacho (Edge length) 24.9㎝
a little curved
Moto-haba (Width at Ha-machi) approx.2.56㎝
Kasane (Thickness) approx.0.51㎝
Engraving: "Koshi-hi" kaki-nagashi on the both sids

Shakudo single Habaki / Shirasaya

Shu ishime-ji nuri, saya, aikuchi tanto koshirae
Whole length:approx. 37.6cm
Hilt length: approx.9.3cm

Tokubetsu-hozon certificate by NBTHK (Kaneaki)
Price 650,000 JPY

 永正十年、今川氏親に遠州掛川以南の経営を託された松井宗能は、標高百三十二㍍の鶴翁山に目を付け、ここに高天神城(注①)を築いた。断崖絶壁の尾根上にあって眺望の優れた名城は「高天神を制する者は遠江を制する」と謳われ、隣国の武将の垂涎の的であった。今川氏衰亡後、永禄十一年に徳川家康の持城となると、元亀二年には田信玄が触手を伸ばすも落とせず、難攻不落の評は一層高まった。信玄の宿願は、天正二年に勝頼が二万の大軍で攻めてようやく成就したが、徳川方はその後も包囲網を設けて奪還の機を窺い、天正九年三月に、遂に攻略を果たしたのであった。高天神(たかてんじん)兼明(かねあき)は本国美濃で同城下に居住(注②)した刀工。激烈な戦いと武将の生死を目の当たりにして鍛刀した故か、遺作には戦国気質が充満し、しかも現存作は稀で、愛刀家の声望が殊に高い(注④)。
 この短刀は、磨り上げたものの「高天神」の銘字が失われるのを惜しんで折返銘とされた作で、今なお身幅重ね充分で殆ど無反り、腰樋が掻かれて刺突と截断と両方に利のある戦国武将好みの一振(注③)。板目鍛えの地鉄は黒味を帯びて肌起ち、地景太く地沸が厚く付き、関映りが立つ。直刃の刃文は、粒立った沸が密集して光を反射し、刃境に湯走り、小形の金線、砂流しが掛かり、二重刃、喰い違い、打ちのけを交え、匂で澄んだ刃中は奔放で力強く変化し、切れ味の良さを感じさせる。帽子は沸付き、掃き掛けて二重刃となり、小丸に返る。武将が一命を託した高天神の貴重な一振である。
 朱石目地塗柄鞘の上品な合口拵が付されている。

注①…現静岡県小笠原郡大東町上土方。

注②…城の南方約二㎞の、高天神兼明の鍛刀場跡と伝える場所に碑がある(福永酔剣先生『刀工遺跡めぐり三三〇選』)。

注③…梵字を刻し腰樋が掻き流された直刃出来の短刀(『駿遠豆三州刀工乃研究』参照)は本作に近似

注④…西南戦争で熊本城を死守した谷干城も高天神の脇差を所持した(『駿遠豆三州刀工乃研究』)。

注⑤…先細く掌中に収まりよく武用にも意が注がれている。建徳二年三月日紀の豊後州住行政(特別重要刀剣。庄内酒井家伝来。『銀座情報』九十六号掲載)の外装に似ている。

短刀 折返銘 高天神短刀 折返銘 高天神朱石目地塗鞘合口短刀拵 刀身 短刀 折返銘 高天神短刀 折返銘 高天神 白鞘

短刀 折返銘 高天神 差表切先短刀 折返銘 高天神 差表ハバキ上

短刀 折返銘 高天神 差裏切先短刀 折返銘 高天神 差裏ハバキ上

 

 

平造脇差 銘 阿波守藤原在吉 ハバキ