平造脇差
銘 阿波守藤原在吉
(業物)

Hira-zukuri wakizashi
Awa no kami Fujiwara no ARIYOSHI
(Wazamono)


山城国 慶長頃 約四百二十年前

刃長 一尺二寸四厘半
反り 三分
元幅 一寸一分五厘半
重ね 二分
彫刻 表裏 棒樋掻流し

金着二重ハバキ 白鞘付

茶石目地塗海老鞘拵入
拵全長 一尺八寸五分
柄長 四寸五分

昭和六十年静岡県登録
特別保存刀剣鑑定書

価格 百万円(消費税込)

Yamashiro province
Keicho era (A.D. 1596-1614, early Edo period)
about 420 years ago

Hacho (Edge length) 36.5㎝
Curvature approx.0.91cm
Moto-haba (Width at Ha-machi) approx.3.5㎝
Kasane (Thickness) approx.0.61㎝
Engraving: "Bo-hi" kaki-nagashi on the both sids

Gold foil double Habaki / Shirasaya

Cha ishime-ji nuri, Ebi-zaya koshirae
Whole length:approx. 56.1cm
Hilt length: approx.13.6cm

Tokubetsu-hozon certificate by NBTHK
Price 1,000,000 JPY

 阿波守在吉は堀川國廣の門人。國廣は天正末年に故郷日向飫肥を出て諸国を巡り、慶長初年京一条堀川に定住し、慶長四年八月洛北岩倉の幡枝八幡宮に自作太刀を奉納し、慶長十二年十一月には豊臣秀頼の北野天神奉納太刀を手掛け、当代随一の刀工として大成した。在吉には慶長二年九月吉日紀の傑作刀があり(注①)、京都定住以前から國廣と行動を共にしていた事は明らか。威風堂々の刀姿、輝く沸、奔放な焼刃、鑚当たりの強い銘字とすべてに個性的な最古参の門人である(注②)。その遺作は稀有ながら、在吉のみならず國廣を研究する上で極めて重要な存在である。
 この脇差は、棟を真に仕立て、寸法重ね控えめながら、身幅は極めて広く、ふくら枯れごころに深く広く掻き流された棒樋の先が鋭く、江戸初期の大平造脇差の典型的な体配。地鉄は板目に柾を交えて肌目起ち、粒立った地沸が厚く付いて光を強く反射し、ざんぐりとした肌合いとなる。刃文は焼高い互の目に丁子、矢筈風の刃、小湾れを交えて放胆に変化し、銀砂のような沸が厚く付き、金線、砂流しが盛んに掛かり、地刃の沸が昂然と輝き、覇気に満ちている。帽子は激しく乱れ込んで、突き上げて長く返る。保存状態が良好な茎の銘字は鑚当たりが強く、在吉の特色が顕著(注③)。江戸初期の剛毅な気風を全身に湛えた阿波守在吉の優脇差である。 桃山時代を偲んで製作したものであろう、茶石目地塗に刻みを設けた鞘の、海老鞘拵が附帯している。

注①…第十八回特別重要刀剣。弊社旧蔵。

注②…『新刀辨疑』巻一の「明壽國廣國貞国助等系」に「阿波守在吉。國廣ガ弟子ナリ。京都ニ住ス」と記し、巻二で「京物の中にてハ皆出来の物也」と述べ、皆焼風の作について言及しており、著者 鎌田魚妙が作品を実見したことがわかる。

注③…阿の最終画、日の第三画第四画、吉の第五画に逆鑚が用いられ、加えて原の第三画が欠画となる。

平造脇差 銘 阿波守藤原在吉平造脇差 銘 阿波守藤原在吉茶石目地塗海老鞘拵 平造脇差 銘 阿波守藤原在吉平造脇差 銘 阿波守藤原在吉 白鞘

平造脇差 銘 阿波守藤原在吉 差表切先平造脇差 銘 阿波守藤原在吉 差表ハバキ上

平造脇差 銘 阿波守藤原在吉 差裏切先平造脇差 銘 阿波守藤原在吉 差裏ハバキ上

平造脇差 銘 阿波守藤原在吉 ハバキ

 

在吉押形