水飲虎図鍔(鐔)
無銘 水戸

江戸時代後期 常陸国水戸

鉄地丸形鋤出高彫象嵌色絵
縦:73.5mm 横:71.3mm
切羽台厚さ:5.5mm
耳際厚さ:4.5mm
特製桐箱入

保存刀装具鑑定書
価格200,000円(消費税込)

 厚手で鍛え良く引き締まった竪丸形の地鉄は、耳に向かって僅かに肉を落とす。鬱蒼とした竹林から走り出た虎は足が大きく、盛り上がった肩と腰の堂々とした体躯だが、水を求めて舌をのぞかせた顔は愛嬌がある。肉高く際端を絞った立体的な高彫は厚い金の象嵌で覆われ、縞模様はくっきりとしている。竹や笹の葉は色味を変えた金象嵌。波頭を立てて迸る谷川の水は涼し気な銀象嵌である。色金を多用した詳細な描写が情景を豊かに表わしている。水戸金工の傑出した優工萩谷勝平の作風を思わせる力強い作である。
水飲虎図鍔(鐔) 無銘 水戸

水飲虎図鍔(鐔) 無銘 水戸

水飲虎図鍔(鐔) 無銘 水戸

水飲虎図鍔(鐔) 無銘 水戸

Copy Right(c) Ginza Choshuya Co&Ltd reserved