稲束図透鍔(鐔)
銘 佐州住利貞

江戸時代後期
佐渡国─武蔵国江戸住

鉄地丸形肉彫地透毛彫
縦:73.1mm 横:71.5mm
切羽台厚さ:5.1mm
耳際厚さ:4.8mm
特製桐箱入

保存刀装具鑑定書
ご成約を賜りました

 縁起の良い米俵図の透鐔を得意とする佐渡の鐔工利貞の、写実的な描写が冴え渡る稲束図透である。鍛えの良い地鉄は深々とした錆色を呈し、刈りとった稲束をくるりと丸くしたそのままの形状で葉や茎の克明な彫刻は耳にまで及ぶ。ふっくらとした米粒一つ一つに豊穣祈願と感謝が込められている。利貞は巧手であるが、本作を見て、改めてその技量の高さが実感させられる。
稲束図透鍔(鐔) 銘 佐州住利貞

稲束図透鍔(鐔) 銘 佐州住利貞

稲束図透鍔(鐔) 銘 佐州住利貞

稲束図透鍔(鐔) 銘 佐州住利貞

Copy Right(c) Ginza Choshuya Co&Ltd reserved