脇差
銘 繁慶 (良業物)

Wakizashi
Hankei
(Yoki Wazamono)



駿河国‐武蔵国 元和頃 約四百年前
Suruga - Musashi province, Genna era, early Edo period (early 17th century), about 400 years ago

刃長 一尺四寸 Edge length; 42.4cm
反り 二分六厘 Sori (Curveture); approx.0.79cm
元幅 八分八厘 Moto-haba(Width at Ha-machi); approx. 2.67cm
先幅 六分九厘 Saki-haba (Width at Kissaki); approx. 2.09cm
棟重ね 二分
鎬重ね 一分九厘 Kasane (Thickness); approx. 0.61cm
金着二重ハバキ 白鞘付 Gold foil double Habaki / Shirasaya
佐藤寒山博士鞘書「…優品之一也」
Calligraphy on the scabbard written by Dr. Sato Kanzan
"Yu-hin no hitotsu nari"


黒蝋色塗鞘合口拵入 Kuro ro-iro nuri saya, aikuchi tanto koshirae
拵全長 二尺五分 Whole length; approx. 75.8cm 
柄長 四寸五分 Hilt length; approx. 13.6cm

昭和二十六年山形県登録

Tokubetsu-hozon certificate by NBTHK



 初め鉄砲鍛冶として活躍し「野田清尭」と銘した繁慶は、徳川家康に寵愛されて多くの火縄銃を遺しているが、慶長年間に鉄砲製作の技術を背景に刀鍛冶に進路を変えている。徳川家に仕えて古名作を実際に手にする機会を得たものであろう、専ら相州伝を学び、地刃に沸を強く意識した則重に紛れる作風を特徴とした。この独自の技術によるものであろう、肌目に沿って現れる海藻の鹿尾菜のような肌もまた繁慶の持ち味となっている。
 この脇差は、戦国期において太刀や打刀の添え差しとして具足の腰に帯びた極めて実戦的な武器。抜き差しが容易であるよう寸法と元身幅を控える一方で先幅を広めに仕立て、棟重ねを頑丈に刃先を削いだ、截断と防御の効果を高めた構造。堅牢さを高める目的で硬軟の鋼を処方した地鉄は、板目に流れ柾を交えた肌目が強い地景によって鹿尾菜肌(注)の様相を呈し、厚い地沸が肌目に沿って働き、鎬地にも古作のように板目が現われて覇気に満ち満ちているが、常の竪割が目立つ肌合いとは異なって緻密。刃文は焼の深い互の目が鎬筋を超え、不定形に乱れた太い足が盛んに入り、所々に飛焼、湯走り掛かり、帽子は激しく乱れ込み、強く掃き掛けて長く返り、浅い棟焼を区辺りまで施し、ここでも防御の工夫を忘れていない。深々とした沸に匂を交えた焼刃は頗る明るく、地中からの肌目が刃境を横断して金筋に変じ、これに伴うほつれ、沸筋、砂流しが刃先近辺まで層を成し、一部は板目肌によって渦巻の態を成す。深い区に独特の舟底形に仕立てて先端を尖らせた薬研茎に、大筋違鑢と繁慶独特の彫銘を施している。
 極上の三葉葵紋図金具三所物を備えとした、綺麗な合口拵が附されている。

注…則重の松皮肌に対し、繁慶の鹿尾菜肌の呼称がある。

脇差 銘 繁慶(良業物)脇差 銘 繁慶(良業物)脇差 銘 繁慶(良業物) 白鞘黒蝋色塗鞘合口短刀拵 刀身 脇差 銘 繁慶(良業物)

脇差 銘 繁慶 切先表脇差 銘 繁慶 刀身中央表脇差 銘 繁慶 ハバキ上表


脇差 銘 繁慶 切先裏脇差 銘 繁慶 中央裏脇差 銘 繁慶 刀身区上差裏



脇差 銘 繁慶 ハバキ

繁慶押形
Ginza Choshuya All Rights Reserved


銀座長州屋ウェブサイトトップページ