短刀
銘 兼常 (相模守政常前銘)

Tanto
Sig. KANETSUNE
(previous name of Sagami no kami Masatsune)


美濃国 天正頃 約四百五十年前

刃長 九寸九分五厘
反り僅少
元幅 八分七厘強
重ね 二分二厘

金着二重ハバキ 白鞘付

黒石目地塗鞘合口短刀拵入
拵全長 一尺六寸
柄長 四寸一分

昭和五十一年埼玉県登録

特別保存刀剣鑑定書(相模守政常前銘)

Mino province
Tensho era (A.D.1573-1591, Momoyama period)
About 450 years ago

Hacho (Edge length) 30.1㎝
A little curcature
Moto-haba (Width at Ha-machi) approx.2.64㎝
Kasane (Thickenss) approx. 0.67㎝

Gold foil double Habaki / Shirasaya

Kuro ishimmeji nuri saya, aikuchi tanto koshirae
Whole length: approx. 48.5cm
Hilt length: approx. 12.4cm

Tokubetsu-hozon certificate by NBTHK
(previous name of Sagami no kami Masatsune)

 兼常は、和泉守兼定や孫六兼元と並ぶ美濃鍛冶の名流。天正頃に複数の同銘工が活躍している中では、元亀二年に織田信長より鍛冶職安堵の朱印状を賜り関鍛冶総領事と称した助右衛門の次男、佐助(後に太郎助)兼常が殊に名高い。佐助兼常は天文四年美濃国納土の生まれ。父同様に信長に仕え、また後に豊臣秀次の鍛冶となり天正十九年に相模守を受領して政常と改銘、慶長十八年には名古屋城下に移り、後尾張徳川家に抱えられる。慶長十二年に隠居するも、二代目が急死したために再び鎚をとることとなり、以降政常入道と銘して作刀が続けられた(注)。
 この短刀は、政常改銘前の天正年間の作。寸法長く元先の身幅も広めにわずかに反り、ふくらもたっぷりとした穏健な造り込み。小板目状に錬り鍛えられた板目鍛えの地鉄は、鍛着が緻密ながら地景によって肌目が綺麗に起ち、淡い関映りが鎬寄りに乱れ掛かり、関物の優秀性を鮮明にしていかにも凄味がある。刃文は三つの山を成す浅い湾れで、物打辺りから棟に寄って地蔵の横姿を想わせる小丸帽子となり、先端の焼を深く残して返る。匂口の引き締まった焼刃は一段と明るく冴え、淡い匂で透明感のある刃中には、刃縁から広がる匂が朝陽を受けた靄のように明るく起ち、ここにも美濃物の優秀性が窺いとれる。檜垣鑢の施された茎には、独特の書体の銘が刻されている。
 質朴な鉄地金具で堅牢さを高め、牛図目貫、雲龍図小柄を備えた、武骨な趣の拵が附されている。

注…『美濃刀大鑑』参照。

短刀 銘 兼常(相模守政常前銘)短刀 銘 兼常(相模守政常前銘)短刀 銘 兼常(相模守政常前銘) 白鞘

黒石目地塗鞘合口短刀拵 刀身 短刀 銘 兼常(相模守政常前銘)黒石目地塗鞘合口短刀拵 刀身 短刀 銘 兼常(相模守政常前銘)

短刀 銘 兼常(相模守政常前銘) 差表切先短刀 銘 兼常(相模守政常前銘) 差表ハバキ上

短刀 銘 兼常(相模守政常前銘) 差裏切先短刀 銘 兼常(相模守政常前銘) 差裏ハバキ上

 

短刀 銘 兼常ハバキ


 

兼常押形