無銘 山浦真雄
切付銘 さゝ波

Katana
no sign Yamaura MASAO
Kiritsuke mei: Sazanami


信濃国 嘉永 約百七十年前

刃長 二尺三寸二分九厘
反り 六分
元幅 一寸六厘
先幅 九分六厘
棟重ね 六厘
鎬重ね 二分
彫刻 表裏 細樋掻き流し

金着二重ハバキ 白鞘入

矢部利雄氏旧蔵

令和四年東京都登録

保存刀剣鑑定書(山浦真雄)

Shinano province
Kaei era (A.D.1848-1853, late Edo period)
About 170 years ago

Hacho (Edge length) 70.6㎝
Sori (Curvature) approx.1.82㎝
Moto-haba (Width at Ha-machi) approx.3.21㎝
Saki-haba (Width at Kissaki) approx. 2.91cm
Kasane (Thickenss) approx. 0.61㎝
※Thickness at Mune: approx. 0.18cm
Engraving: "Hoso-hi" kaki-nagashi

Gold foil double Habaki / Shirasaya

It used to be owened by Yabe Toshio, who was one of the most famous collecter.

Hozon certificate by NBTHK
(Yamaura Masao)

 南北朝時代の志津三郎兼氏、或いは但州法城寺の長巻を想起させる豪壮にして迫力のある一刀。幅広く元先の幅差が少なく、鎬地の肉が削ぎ落されて棟重ねが極めて薄く、鋒は大きく延びて鋭利。試刀も実施され、音もなく截断することから、抜群の切れ味を「さゝ波(さざ波)」に擬えた号銘が刻されている。地鉄は鎬地に柾が強く流れ、平地も板目に杢、流れごころの肌を交えて地景が蠢き、粒立った地沸が厚く付いて潤い、精強にして瑞々しく、しかも鮮烈な肌合いとなる。焼刃の照度は頗る高く、互の目に丁子、尖りごころの刃、角がかった刃を交えて奔放華麗に変化し、白雪のような明るい沸が付き、長い金筋が太い足と刃中の沸を切って走り、横手を超えて鋒中に雪崩れ込む。帽子は激しく乱れ込み焼詰める。姿力強く地刃の冴えた、胸躍る一刀である。
 この刀は、元々静岡県の蒐集家矢部利雄(注①)氏自慢の志津三郎兼氏と極められた刀であったが、昭和三十四年の特別貴重刀剣審査で「清麿」(注②)と鑑定されている。抜群の健全度と地刃の潤い感と冴え、激しい金筋は確かに清麿と鑑せられるが、所持者は南北朝時代の作と確信していたものである。今日の鑑定では清麿の兄山浦真雄とされているが、両者の作風は同然で、本作については清麿に近い。清麿在銘の刀より無銘の志津、左文字、或いは但州法城寺の刀の方が高価であった時代に源清麿の銘と裏年紀が磨りとられたものであろうか、惜しんで余りあるものがある。

注①…矢部利雄は、長篠合戦で武田軍の猛攻から長篠城を守り抜いた奥平信昌に、織田信長が下賜した国宝一文字の太刀をはじめとする名刀の数々を所持した、全国でも有数の愛刀家である。

注②…昭和三十四年十月四日発行の特別貴重刀剣認定証が現存しており、「大磨上無銘伝清麿 ささ波と切付銘がある」と記されている。

刀 無銘 山浦真雄 切付銘 さゝ波刀 無銘 山浦真雄 切付銘 さゝ波

刀 無銘 山浦真雄 切付銘 さゝ波 白鞘

 

刀 無銘 山浦真雄 切付銘 さゝ波 差表切先刀 無銘 山浦真雄 切付銘 さゝ波 差表中央刀 無銘 山浦真雄 切付銘 さゝ波 差表ハバキ上

刀 無銘 山浦真雄 切付銘 さゝ波 差裏切先刀 無銘 山浦真雄 切付銘 さゝ波中央刀 無銘 山浦真雄 切付銘 さゝ波 差裏ハバキ上


刀 無銘 山浦真雄 切付銘 さゝ波 ハバキ

真雄押形