短刀
銘 平安城長吉

Tanto
Heinjo NAGAYOSHI


山城国 明応頃 約五百三十年前

刃長 七寸二分八厘
元幅 七分六厘
重ね 一分六厘
彫刻 表 草倶利迦羅 裏 護摩箸

金着二重ハバキ 白鞘付

金梨子地塗牡丹蝶蒔絵鞘合口拵入
拵全長 一尺一寸強
柄長 二寸九分

昭和二十六年大阪府登録

重要刀剣

Yamashiro province
Meio era (A.D.1492-1501, late Muromachi period)
About 530 years ago

Hacho (Edge length) 22㎝
Moto-haba (Width at Hamachi) approx. 2.3cm
Kasane (Thickenss) approx. 0.48㎝,br> Engraving: "So no Kurikara" on the right face (Omote)
"Gomabashi" on the back face (Ura)

Gold foil single Habaki / Shirasaya

Kin nashiji nuri "Botan, Cho" makie saya,
aikuchi koshirae
Whole length: approx.33.3cm
Hilt length: approx.8.79cm

Juyo by NBTHK

 平安城長吉は室町中期の山城鍛冶を代表する名工として知られ、殊にその彫刻の技にかけては同国の信國と甲乙つけ難く、端然とした彫風の中にも要所要所の鑚当たりが強く働き、彫物には自身のみならず持ち手の信仰心をも尊重した強い意志を感じさせるものがある。
 表題の短刀は、時代を映して小振りに引き締まった造り込みとされ、茎仕立ては切鑢を施したタナゴ腹形。微塵に詰み澄んだ小板目鍛えの地鉄はわずかに流れ肌を交え、全面に細やかな地沸が白く吹き上がって朝霧のような淡い沸映りを呈して冴え冴えと光を反射する。表裏綺麗に揃った刃文は、匂口の引き締まった小湾れ刃が強弱変化をみせる構成で、帽子は端正な地蔵風に刃に寄った小丸返り。匂口が凛と冴えた焼刃は一際明るく、匂が起ち込めて透明感のある刃中にごく淡い匂が広がって刃先に迫る。作柄はこの工の典型にして出来栄えもまた上々。総てに亘って村正に酷似するも、彫技の優秀性においては長吉に一日の長があることは衆目の一致するところであろう。表は草体の彫法で表した見事な倶利迦羅龍で、外道を意味する龍が不動明王の化身である三鈷剣に絡む図取りとなっており、仏法と外道の相克の果てに、遂には仏法に鎮められるという理を表現したものである。
 微塵の金梨子地塗に蝶の舞い寄る牡丹を盛上蒔絵で表した鞘の、綺麗な合口拵が附されている。

注①…天童藩織田家伝来の太刀は重文指定。短刀では国宝一口、重文三口、重美八口が指定。

注②…富山県の地元の古老によると、本作は、富山藩前田家伝来で豊公拝領と伝え、則重の銘と元亨二年二月日の年紀があった。

短刀 銘 平安城長吉短刀 銘 平安城長吉短刀 銘 平安城長吉 白鞘

金梨子地塗牡丹蝶蒔絵鞘合口拵 刀身 短刀 銘 平安城長吉金梨子地塗牡丹蝶蒔絵鞘合口拵 刀身 短刀 銘 平安城長吉

短刀 銘 平安城長吉 差表切先短刀 銘 平安城長吉 差裏切先

短刀 銘 平安城長吉 ハバキ

長吉押形