短刀
銘 宇多國光

Tanto
Uda KUNIMITSU


越中国 室町時代初期応永頃 約六百年前

刃長 九寸三分七厘
元幅 九分二厘
重ね 一分七厘

金着一重ハバキ 白鞘入

昭和四十一年山口県登録

特別保存刀剣鑑定書(時代室町前期)

Ecchu province
Oei era (A.D. 1394-1427, early Muromachi period)
About 600 years ago

Hacho (Edge length) 28.4㎝
Moto-haba (Width at Hamachi) approx. 2.79cm
Kasane (Thickenss) approx. 0.52㎝

Gold foil single Habaki / Shirasaya

Tokubetsu-hozon certificate by NBTHK
(early Muromachi period)

 越中国宇多鍛冶の始まりは、鎌倉末期に大和国宇陀から来住した古入道國光という。國光の名跡はその後、室町時代中期の明応頃まで継承されているが、室町初期まで遡る作例は極めて尠ない。
 この短刀は室町初期応永頃の宇多國光の頗る出来の優れた一口(注①)。身幅の割に寸法が延びて重ね薄く、内反りの浅い力強くも美しい姿。板目に杢、刃寄りに柾を交えた地鉄は肌目が強く起ち、鍛着面は密に詰み太い地景が入り、宇多派らしい粒立った地沸が厚く付いて光を強く反射し、沸映りが立つ。細直刃基調の刃文は浅く揺れ、白雪のような小沸が付いて刃縁がきりりと締まり、微かに湯走り、小形の金線が走り、刃中には清浄な匂が立ち込めて爽やかに澄む。帽子は大丸に浅く返る。注目されるのは「光」の銘字が「灮」に刻されていること。この書体は、中国唐の儒学者張参の『五経文字(ごけいもんじ)』(八世紀後半成立)で使用された字体である。國光はなぜ「灮」の文字を用いたのであろうか。そもそも高い知識を備えていたか、あるいは教養ある僧侶や武士の書を範に刻銘したものであろうか(注②)。室町人の文化と教養の一面を改めて考えさせられる、興味深い作例ともなっている。

注①…刀剣保存協会姫路支部長八木政一氏の名義の特別貴重刀剣認定書が附帯しており、同氏自慢の一振であったことがわかる。

注②…肥前國忠吉も最初期、僧侶秀岸の書を範に切銘したと言われている(秀岸銘)。

短刀 銘 宇多國光短刀 銘 宇多國光短刀 銘 宇多國光 白鞘

 

刀 銘 宇多國光 差表切先刀 銘 宇多國光  差表ハバキ上

短刀 銘 宇多國光 差裏切先刀 銘 宇多國光 差裏ハバキ上

短刀 銘 宇多國光 ハバキ

國光押形