波に雁総金具雁金文陰蒔絵鞘脇差拵

"Nami ni Kari" fittings,
"Karigane" makie saya, wakizashi koshirae


拵全長 二尺二寸三分
鞘長 一尺五寸七分
柄長 六寸三分
刃長 約一尺二寸
反り 約一分五厘
元幅 約八分
茎長 約三寸五分

刀身はありません

Whole length 67.5cm
Scabbard length approx. 47.6cm
Hilt length approx. 19.1cm
Edge length approx. 36.4cm
Curvature approx. 0.45cm
Width at Ha-machi approx. 2.42cm
Nakago length approx. 10.6cm

This koshirae has no sword.

Price 2500,000 JPY

 波間に飛翔する雁を題に得、鞘塗りを含めて拵総体の美観を極めた作。黒石目地塗の鞘は、大空を舞う様々な姿態の雁を陰蒔絵(かげまきえ)で表現した、洗練味のある意匠構成。一作揃いの縁頭、栗形、責金、鐺は、激しく打ち寄せ崩れ落ちる波濤を高彫に仕立てて金の波飛沫を濃密に施した躍動感のある出来。同じ手であろうか、波の構成、波飛沫の彫口も同じ目貫は、波に落雁図で表裏計算された意匠。小柄も波間を飛翔する雁の図だが、片切彫による大波の合間に、赤銅平象嵌の手法で雁を陰影として表現している。その翼の描写は独特の鋤彫により妙趣に富み、嘴と目玉のみ金色絵で印象的。鐔は雲間の三日月に向かって舞い上がる雁を心象表現した作。高彫の雁、透しによる雲に月の銀平象嵌が活きており、裏面の遠景とした帰雁なども一幅の絵画を見るようである。金具が的確にまとめられた作となっている。

波に雁総金具雁金文陰蒔絵鞘脇差拵