生ぶ茎無銘 藤嶋友重

Katana
no sign (Ubu-nakago)
Fujishima TOMOSHIGE


加賀国 応永頃 約六百年前

刃長 二尺一寸二分八厘
反り 七分
元幅 九分九厘
先幅 六分三厘
棟重ね 二分三厘
鎬重ね 二分六厘

上蓋金着下蓋赤銅着二重ハバキ 白鞘付

朱変り塗鞘打刀拵
拵全長 三尺一寸四分 柄長 七寸四分強

昭和二十九年愛知県登録

保存刀剣鑑定書(藤島友重)

Kaga province
Oei era (A.D.1394-1427, early Muromachi period)
About 600 years ago

Hacho (Edge length) 64.5cm
Sori (Curvature) approx.2.12cm
Moto-haba (Width at Ha-machi) approx. 3㎝
Saki-haba (Width at Kissaki) approx. 1.91cm
Kasane(Thickness) approx. 0.79cm

Gold and Shakudo foil double Habaki / Shirasaya

Shu kawari nuri saya, uchigatana koshirae
Whole length: approx. 95.1cm
Hilt length: approx. 22.4cm

Hozon by NBTHK
(Fujishima Tomoshige)

 藤嶋友重と極められた生ぶ茎無銘の刀。生国越前と伝える藤嶋友重は加賀国で活躍し、現存する最古の年紀作は応永二年正月紀の脇差(『日本刀工辞典』)である。美濃伝に備前伝を加味した作風を得意とした友重には、同時代の応永備前に見紛うような作もあり、その実力を窺わせている(注)。
 時代の特徴を良く遺したこの刀は、身幅充分で腰反り高く中鋒の小太刀を想わせる美しい姿ながら、鎬筋が強く張って刃の通り抜けの良さを感じさせ、また、茎は短く片手での使用にも適した実戦的な体配。板目に杢を交えた地鉄は地景が太く入って肌目が強く起ち、粒立った地沸が厚く付いて、肌が淡く黒みがかる。浅い湾れに小互の目を交えた刃文は物打ち付近に牙のような尖った刃が連なり、刃縁は沸で明るく、刃境に金線と砂流しが激しく掛かり、沸で明るい刃中には渦巻状の肌が現れ、截断能力の高さを感じさせる。鋒の焼は深く健全で、激しく乱れ込んで浅く返る。まさに実戦の狭間を懸命に生きた武士好みの精悍な一刀となっている。
  深い色合いの朱塗鞘に金魚子地金具が映え、竹雀透図鐔、竹生島図縁頭と茶道具図目貫で装われた拵に収められている。

注…『日本刀工辞典』に「友重実在刀のもつとも古く見えるものが時代応永頃である。作品姿良く小五ノ目にして備前物に近い出来」とある。

刀 生ぶ茎無銘 藤嶋友重刀 生ぶ茎無銘 藤嶋友重刀 生ぶ茎無銘 藤嶋友重 白鞘

朱変り塗鞘打刀拵 刀 生ぶ茎無銘 藤嶋友重朱変り塗鞘打刀拵 刀 生ぶ茎無銘 藤嶋友重

刀 生ぶ茎無銘 藤嶋友重 差表切先刀 生ぶ茎無銘 藤嶋友重 差表中央刀 生ぶ茎無銘 藤嶋友重 差表ハバキ上

刀 生ぶ茎無銘 藤嶋友重 刀身差裏切先刀 生ぶ茎無銘 藤嶋友重 差裏中央刀 生ぶ茎無銘 藤嶋友重  差裏ハバキ上


宗次押形