生ぶ茎無銘 阿州祐芳

Katana
no sign (Ubu-nakago)
Ashu SUKEYOSHI


阿波国 慶応頃 約百五十年前

刃長 二尺四寸八分六厘
反り 二分六厘
元幅 一寸一分五厘強
先幅 七分四厘
棟重ね 二分六厘強
鎬重ね 三分

銀地二重ハバキ 白鞘入

昭和五十四年福岡県登録

保存刀剣鑑定書 (阿州祐芳) 

Awa province
Keio era (A.D.1865-867, late Edo period)
About 150 years ago

Hacho (Edge length) 75.3㎝
Sori (Curvature) approx.0.79㎝
Moto-haba (Width at Ha-machi) approx.3.5㎝
Saki-haba(Width at Kissaki) approx.2.24㎝
Kasane (Thickenss) approx. 0.91㎝

Gold foil double Habaki / Shirasaya

Hozon certificate by NBTHK (Ashu Sukeyoshi)

 示現流剣術の使い手が用いたものであろうか、寸法長く身幅極端に広く、重ねも厚く平肉がたっぷりとした頑丈な造り込みで、防御した刀もろとも圧し斬る能力を有し、幕末の京都を舞台とした勤皇佐幕の歴史を物語っている。杢目を交えた板目鍛えの地鉄は良く詰んで地沸が付き、所々に板目肌が地景を伴って肌立つ風をみせる。刃文は浅い湾れで二重刃が断続し、帽子はわずかに湾れ込んで掃き掛けを伴って小丸に返る。小沸と匂の絶妙の調合からなる明るい焼刃は、所々に浅い湯走りが生じて地中に淡く沸が広がり、刃に沿って沸筋が連なり、或いは葉の断続となり、物打辺りには喰い違いが生じるなど単調ならざる出来。刀身下半にはわずかに棟焼が施され、守りの工夫も忘れてはいない。化粧鑢を施した大筋違鑢の茎は、朽ち込みもなく健全である。
  江戸時代後期の備前長舩を代表する祐永の門人で阿波国の吉川六郎祐芳の作と極められている。祐芳には、新撰組局長近藤勇の所持と伝え、後に会津若松市長松江豊寿が入手し、鞘に書き付けを遺した作がある(注)。

注…『銀座情報』二九八号掲載。現在は京都霊山歴史館所蔵。

刀 生ぶ茎無銘 阿州祐芳刀 生ぶ茎無銘 阿州祐芳刀 生ぶ茎無銘 阿州祐芳 白鞘

 

 

刀 生ぶ茎無銘 阿州祐芳 差表切先刀 生ぶ茎無銘 阿州祐芳 差表中央刀 生ぶ茎無銘 阿州祐芳 差表ハバキ上

刀 生ぶ茎無銘 阿州祐芳 差裏切先刀 生ぶ茎無銘 阿州祐芳 中央刀 生ぶ茎無銘 阿州祐芳 差裏ハバキ上


刀 生ぶ茎無銘 阿州祐芳ハバキ