短刀
生ぶ茎無銘 平戸左

Tanto
no sign (Ubu-nakago) Hirado SA


肥前国 南北朝末期 約六百三十年前

刃長 七寸六分
内反り僅少
元幅 七分四厘
重ね 二分

細野惣左衛門政守作秋草図一重ハバキ 白鞘付

黒漆塗一分刻鞘合口拵入
拵全長 一尺四寸四分
柄長 三寸六分

昭和三十五年神奈川県登録

保存刀剣鑑定書(平戸左)

Hizen province
Late Nanboku-cho period (late 14th century)
About 630 years ago

Hacho (Edge length) 23㎝
Slightly curved inward
Moto-haba (Width at Ha-machi) approx.2.24㎝
Kasane (Thickenss) approx. 0.61㎝

"Autumn flower"inlaid single Habaki by Hosono Sozaemon Masamori
Shirasaya

Kuro urushi nuri ichi-bu kizami saya,
aikuchi koshirae
Whole length: approx.43.6cm
Hilt length: approx.10.9cm

Hozon certificate by NBTHK
(Hirado-Sa)

 鎌倉後期、筑前に現れた左文字は、九州の伝統的鍛法に相州伝を取り入れて沸強く覇気のある作風を展開し、一世を風靡した。左文字に師事した門人も多く、盛廣、盛吉、守貞、貞清などは、肥前国平戸に鍛冶場を設けて栄えている。師譲りの精良で明るい地鉄に沸出来の刃文を焼いた彼らは、古来、平戸左と呼ばれている。
 この短刀は、平戸左と極められた生ぶ茎無銘の一口。身幅重ね尋常で、僅かに内反りが付いて平地と棟の線が起ち、ふくらがやや枯れて鋭利できっぱりとした美しい姿。地鉄は無類に錬れて詰んだ小板目肌に地沸が微塵に付き、平地全面に沸映りが立ち、透き通るような鉄色を呈する。直刃調の刃文は、銀の砂粒のような沸の粒子で刃縁明るく、刃境に湯走りが掛かって二重刃、喰い違い刃となり、煌めく金線が躍動して小模様ながら働きは活発。帽子は金線を伴って激しく突き上げて返り、師左文字の帽子と同然。幕政時代は無銘左の名短刀として伝来したものであろう。江戸時代中期の細野惣左衛門政守在銘の特製秋草図鎺が付されているのも貴重である。
 堅木柄に黒漆塗一分刻鞘の拵は重厚で、縁頭と口金の菊と蘭、鐺の竹、小柄の梅の四君子と呼ばれる草花図が清々しく、しかもそれら全て木彫(注)という凝りよう(注②)。内外とも得難い逸品である。

注①…木彫金具の拵といえば、幕末明治に備前岡山で活躍した名手 逸見義隆が想起される。

注②…拵に目釘穴はなく、使用されないまま廃刀令を迎えたものであろう。

短刀 生ぶ茎無銘 平戸左短刀 生ぶ茎無銘 平戸左短刀 生ぶ茎無銘 平戸左 白鞘

黒漆塗一分刻鞘合口拵 刀身 短刀 生ぶ茎無銘 平戸左黒漆塗一分刻鞘合口拵 刀身 短刀 生ぶ茎無銘 平戸左

短刀 生ぶ茎無銘 平戸左 差表切先短刀 生ぶ茎無銘 平戸左 差裏切先



 


短刀 生ぶ茎無銘 平戸左ハバキ 銘 細野惣左衛門政守(花押)短刀 生ぶ茎無銘 平戸左ハバキ 銘 細野惣左衛門政守(花押)

平戸左押形