脇差
折返銘 近江守高木
住助直(良業物)

Wakizashi
Orikaeshi-mei:
Omi no kami Takagi
Ju SUKENAO
(Yoki Wazamono)


摂津国 延宝頃 約三百四十年前

刃長 一尺七寸二分五厘
反り 三分五厘
元幅 一寸四厘
先幅 八分五厘
棟重ね 二分六厘
鎬重ね 二分七厘

金着二重ハバキ 白鞘入

昭和二十六年石川県登録

特別保存刀剣鑑定書

Settsu province
Enpo era (A.D.1673-1680, early Edo period)
About 340 years ago

Hacho (Edge length) 52.3㎝
Sori (Curvature) approx.1.06㎝
Moto-haba (Width at Ha-machi) approx.3.15㎝
Saki-haba(Width at Kissaki) approx.2.58㎝
Kasane (Thickenss) approx. 0.82㎝

Gold foil double Habaki / Shirasaya

Tokubetsu-hozon certificate by NBTHK

 助直は近江国野洲郡高木の生まれ。大坂に出、そぼろ助廣初代に師事して業成り、その娘婿となって濤瀾乱刃を創始した義兄越前守助廣を棟梁とする津田一門を盛り立てた。沸強く金線、砂流しが目立って覇気に満ちた作風の助直を、鎌田魚妙は「助廣に劣らざる名人」(『新刀辨疑』巻四)と高く評価し、同書の系図で「正宗貞宗ホカ傳二似タリ」とも記している。
 延宝九年四十三歳(注①)頃の作とみられるこの脇差は、特別の注文作であろう元来一尺八寸程の長さがあり、磨り上げながら今尚寸法長く幅広で重ね頗る厚く、先幅も広く量感があって手持ちずしりとし、一見して密度の濃い一振。地鉄は小板目肌に太い地景が入り、清浄な地沸が厚く付いて透き通るような鉄色を呈す。焼高い大互の目乱の刃文は、丸みのある互の目に尖りごころの刃を交えて高低に変化し、刃縁に厚く付いた純白の沸が眩く輝き、太く入った足を遮るように太い金線、細かな砂流しが元から先まで断続的に掛かり、刃中に沸の粒子が充満して光強く、焼刃の冴えは同作中でも群を抜いている。帽子も強く沸付き、掃き掛けて小丸に浅く返る。「近江守高木」の所で折り返された茎には助廣譲りの香包鑢が遺されている。助直の個性が遺憾なく発揮された、大坂新刀中の傑作(注②)である。

注①…「元禄己巳年五十一歳と云」(『古今鍛冶備考』巻四)とあり、寛永十六年生まれ。

注②「匂口が深く柔らかく、小沸がよくついて冴えたものを最も賞美」 (『越前守助廣大鑑』)の説明通りの出来栄え。

脇差 折返銘 近江守高木住助直(良業物)脇差 折返銘 近江守高木住助直(良業物)脇差 折返銘 近江守高木住助直(良業物) 白鞘

 

脇差 折返銘 近江守高木住助直 差表切先脇差 折返銘 近江守高木住助直 差表中央脇差 折返銘 近江守高木住助直 差表中央

脇差 折返銘 近江守高木住助直 差裏切先脇差 折返銘 近江守高木住助直 差裏中央脇差 折返銘 近江守高木住助直 差裏 ハバキ上

 

脇差 折返銘 近江守高木住助直 ハバキ

助直押形