脇差
銘 粟田口近江守忠綱
(良業物)

Wakizashi
Awataguchi Omi no kami TADATSUNA
(Yoki Wazamono)


摂津国 貞享頃 約三百三十五年前

刃長 一尺四寸二分九厘
反り 四分五厘
元幅 一寸七厘
先幅 六分五厘
棟重ね 二分三厘
鎬重ね 二分一厘

金着二重ハバキ 白鞘入

昭和三十二年香川県登録

特別保存刀剣鑑定書 

Settsu province
Jokyo era (A.D.1684-1687, early Edo period)
About 335 years ago

Hacho (Edge length) 43.3㎝
Sori (Curvature) approx.1.36㎝
Moto-haba (Width at Ha-machi) approx.3.24㎝
Saki-haba(Width at Kissaki) approx.1.97㎝
Kasane (Thickenss) approx. 0.7㎝

Gold foil double Habaki / Shirasaya

Tokubetsu-hozon certificate by NBTHK

 江戸前期、徳川幕府によって整備された大坂城下には諸国から多くの刀工が来住した。近江出身の粟田口近江守忠綱は、大坂常磐町四丁目に鍛冶場を構え、焼高く華麗な丁子乱刃で鳴らした。殊に忠綱二代は、刀身彫刻にも才能を発揮して一竿子(いっかんし)と号し、助廣や真改などの天才に比肩する実力と人気を誇った。
 表題の一尺四寸強の長さの脇差は、高位の武士が式正の大小の小刀として特注したとみられ、元先の身幅が頗る広く重ね厚く、両区深く庵棟が屹然と立ち、腰元から反って中鋒の、力強くしかも洗練味のある造り込み。地鉄は小板目肌が詰み、粒子の細かな地沸が均一に付いて鉄色晴々とした一竿子らしい精美な肌合い。刃文は得意の焼高い丁子乱刃で、短い焼出しから、小丁子、丁子、桜の花弁を想わせる刃へと高低自然な変化を付けた構成。刃縁に降り積もった新雪のような沸は焼の谷から刃中に零れて忠綱得意の長い匂足となり、刃中には微細な沸の粒子(匂)が充満して清々しく澄み、照度が抜群に高い。帽子は物打付近で焼を低くして横手を焼き込み、一転して端正な小丸に返る。刃方へ削ぎ上がった独特の栗尻茎は保存状態が優れ、太鑚で刻された銘字は忠綱二代の特色(注)が顕著。一竿子忠綱の個性が存分に表示され、出来が優れている。

注…忠の七画と八画が左右非対象となり、綱の四画から六画が同一方向に揃うのが忠綱二代銘の特色。

脇差 銘 粟田口近江守忠綱(良業物)脇差 銘 粟田口近江守忠綱(良業物)脇差 銘 粟田口近江守忠綱(良業物) 白鞘

 

 脇差 銘 粟田口近江守忠綱脇差 銘 粟田口近江守忠綱 差表ハバキ上 脇差 銘 粟田口近江守忠綱 差表区上

脇差 銘 粟田口近江守忠綱 差裏切先脇差 銘 粟田口近江守忠綱 差裏ハバキ上 脇差 銘 粟田口近江守忠綱 差裏区上

 

脇差 銘 粟田口近江守忠綱ハバキ

忠綱押形