大磨上無銘 三原正信

Katana
no sign (O-suriage) Mihara MASANOBU


備後国 南北朝末期明徳頃 約六百三十年前

刃長 二尺二寸六分五厘
反り 九分五厘
元幅 一寸
先幅 五分八厘
棟重ね 二分一厘
鎬重ね 二分三厘
彫刻 表裏 棒樋掻流し

金着二重ハバキ 白鞘入

昭和二十七年宮城県登録

特別保存刀剣鑑定書
(時代南北朝末期乃至応永)

Bingo province
Late Nanboku-cho period, Meitoku era
(A.D.1390-1394)
About 630 years ago

Hacho (Edge length) 68.5㎝
Sori (Curvature) approx.2.8㎝
Moto-haba (Width at Ha-machi) approx.3.03㎝
Saki-haba(Width at Kissaki) approx.1.7㎝
Kasane (Thickenss) approx. 0.6㎝

Gold foil double Habaki / Shirasaya

Tokubetsu-hozon certificate by NBTHK
(The end of Nanboku-cho period or Oei era)

 三原正信の作と極められた大磨上無銘の刀。正信は、『古刀銘盡』によれば左衛門尉正家の子政家の子で「應永頃」とあり、永和二年五月日紀の備州住正信の菖蒲造の太刀、加賀前田家伝来明徳五年紀の備州正信作の太刀などがあり、南北朝末から応永初期にかけて、備後守護山名氏の守護所が置かれた尾道の北方の木梨で鍛刀していたとみられる。
 この刀は、元来三尺近い大太刀で、大磨上ながら今尚身幅広く重ね厚く神社の鳥居の笠木を想わせる高い反りが付き、細く掻かれた棒樋で引き締まった美しい太刀姿。地鉄は差表に起ちごころの板目を交えるも総じて詰み、殊に差裏には地沸が微塵に付いて地肌がしっとりと潤い、淡く映りが立つ。細かな地景が入って肌目が細やかに起つ辺りは宛ら青江の縮緬肌を想わせる。細直刃の刃文は純白の小沸で刃縁締まって明るく、微細な沸の粒子が立ち込めて刃中は清らかに澄む。帽子は浅く乱れ込み小丸に返る。幕政時代は青江として太刀拵に収められていたものであろう(注)。優美で出来の良い一振である。

注…彦根藩井伊家伝来の細太刀(十四回特別重要刀装)の中身も正信作 の小太刀である。

刀 大磨上無銘 三原正信刀 大磨上無銘 三原正信刀 大磨上無銘 三原正信 白鞘

 

刀 大磨上無銘 三原正信 差表切先刀 大磨上無銘 三原正信 差表中央刀 大磨上無銘 三原正信 差表ハバキ上

刀 大磨上無銘 三原正信 差裏切先刀 大磨上無銘 三原正信 中央刀 大磨上無銘 三原正信 差裏 ハバキ上

 

刀 大磨上無銘 三原正信 ハバキ

 

正信押形