腰刻黒蝋色塗鞘脇差拵
脇差 銘 大和大掾藤原正則
(良業物)

Koshi kizami kuro ro-iro nuri saya,
wakizashi koshirae
Wakizashi:
Yamato daijo Fujiwara no MASANORI
(Yoki wazamono)


拵全長 一尺九寸二分七厘
柄長 四寸四分八厘

脇差 越前国 寛永頃 約三百八十年前

刃長 一尺二寸九分
反り 二分六厘
元幅 九分二厘
先幅 六分八厘
棟重ね 一分七厘
鎬重ね 一分九厘

金着一重ハバキ 白鞘付

令和元年神奈川県登録
保存刀剣鑑定書

Koshirae:
Whole length:58.4cm
Hilt length: approx.13.5cm

Wakizashi:
Sig. Yamato daijo Fujiwara no MASANORI
Hacho (Edge length) 39.1㎝
Curvature approx.0.7cm
Moto-haba (Width at Ha-machi) 2.7 ㎝
Saki-haba (Width at Kissaki) approx. 2cm
Kasane (Thickness) 0.5㎝<

Gold foil single Habaki / Shirasaya

Hozon certificate by NBTHK

 幕政時代、武士が普段差しに用いた大小一腰の、脇差拵。黒蝋色塗鞘は腰元に一分刻が施されて美しい光沢がある。柄は白鮫皮の親粒が大きく、牡丹図目貫が付されて黒糸巻とされ、時代色が濃厚。縁頭も咲き匂う牡丹の花の図で、赤銅の漆黒に金、素銅の色絵が映えて豪華。鐔は轟々と流れ落ちる瀧を眺める李白の姿が彫り描かれている。蛍狩図小柄は夕闇の中を飛ぶ蛍と笹が金色絵に処理されて赤銅地に浮かび上がり、団扇も夏の夕べの風情を感じさせる。
 収められた脇差は大和大掾正則の作。身幅広めに鎬筋が立ち、頃合いの反りに中鋒とされ、江戸初期に特有の一尺三寸程に寸を控えた作で毅然とした姿。地鉄は板目肌が起ち、地沸が厚く付き(注①)、ざんぐりと肌起つ。焼高い互の目丁子乱刃は尖りごころの刃、矢筈風の刃を交えて高低変化し、小沸が付いて刃縁締まりごころに明るく、刃中も匂で澄み、刃味の良さを感じさせる。帽子は焼を充分に残し、小丸長めに返る。茎には細鑚の銘字が神妙に刻されている。
 正則は康継と同時期に活躍した越前の刀工。越前は、関ケ原の戦の恩賞で家康の子結城秀康が入国。徳川家の北の守りを自任し、近隣諸国、就中、加賀前田家に睨みを利かせた。家中の尚武の気風は強く、諸国から来住した刀鍛冶が活躍しており、正則も覇気に満ちた乱刃の作を手掛けている(注②)。

注①…鎬地が強く荒れているが鑑賞は充分可能。

注②…正則は三条吉則末裔で本国は丹後という。

腰刻黒蝋色塗鞘脇差拵 脇差 銘 大和大掾藤原正則(良業物)腰刻黒蝋色塗鞘脇差拵 脇差 銘 大和大掾藤原正則(良業物)

脇差 銘 大和大掾藤原正則(良業物)脇差 銘 大和大掾藤原正則(良業物)脇差 銘 大和大掾藤原正則(良業物) 白鞘

牡丹図目貫 白鮫皮着黒糸摘巻柄

牡丹図目貫 白鮫皮着黒糸摘巻柄

牡丹図縁頭

李白観瀑図鐔

李白観瀑図鐔

蛍狩図小柄
蛍狩図小柄 裏

脇差 銘 大和大掾藤原正則 差表切先脇差 銘 大和大掾藤原正則 差表中央脇差 銘 大和大掾藤原正則 差表ハバキ上

脇差 銘 大和大掾藤原正則 差裏切先脇差 銘 大和大掾藤原正則 差裏 中央脇差 銘 大和大掾藤原正則 差裏ハバキ上

脇差 銘 大和大掾藤原正則 ハバキ

正則押形