大磨上無銘 志津

Katana
no sign (O-suriage)
den SHIZU


美濃国 南北朝前期 約六百八十年前

刃長 二尺三寸一分
反り 六分
元幅 一寸三厘
先幅 七分三厘
重ね 二分二厘
彫刻 表裏 棒樋角留

金着二重ハバキ 白鞘入

昭和三十八年熊本県登録

重要刀剣(伝志津 注②:重要刀剣証明書)

Mino province
early Nanboku-cho period
About 680 years ago

Hacho (Edge length) 70㎝
Sori (Curvature) approx. 1.82㎝
Moto-haba (Width at Ha-machi) approx.3.12㎝
Saki-haba(Width at Kissaki) approx.2.21㎝
Kasane (Thickenss) approx. 0.67㎝
Engraving: "Bo-hi" kaku-dome on the both sides

Gold foil double Habaki / Shirasaya

JUYO (den Shizu)

 南北朝時代前期の志津と極められた刀。志津とは、大和手掻派出身の鍛冶で、相州正宗に学んでその工法を大和の技法に採り入れ、沸を強く意識した作風を突き詰め、後に美濃国志津に移住して栄えたことから志津三郎と称した兼氏(初期銘包氏)の作を古のように呼んでいる。時代の降る兼氏門人の兼友、兼次、兼重、兼信などが移り住んだ直江での美濃色が濃い直江志津極めとは一線を画す、一段と格の高い作風を示している。
 この刀は、志津と極められた作中でも特に乱れが強く(注①)激しい出来を示す一口。磨り上げながら元先の身幅が広く鋒延びごころで穏やかに反り、重ねしっかりとして時代の特徴が良く遺されている造り込み。板目鍛えを主体として刃寄り流れごころを示す地鉄は、総体に良く詰んでしっとりとした潤い感に満ち、細かな地沸で全面が覆われ、その所々に飛焼に感応した沸粒が広がり、これが地中にキラキラと輝く。さらに地底に潜む繊細な地景が肌目に沿って現れ、玄妙変化の景色を浮かび上がらせている。刃文は形状の定まらない互の目が高低激しく躍動し、沸と匂の湯走りに飛焼が加わって所々鎬筋を越えるほどに深まり、帽子は火炎状に焼崩れた掃き掛けを伴い先端は焼詰となり、棟の所々を淡く焼施す。沸を強く意識し、匂を複合させた鮮やかな焼刃は、互の目の刃中もまた不定形に乱れ、刃境に金筋、沸筋、ほつれ、砂流しが層状に流れ掛かって所々二重刃の様相を呈し、匂が満ちて明るい刃中には刃先にまで達する足が盛んに射し、葉、沸凝り、島刃が重なるように配されてここも変幻の趣。正宗に最も近い作風を呈するのが志津、との評価に違わぬ名刀である。

注①…重要刀剣図譜に「この刀は志津の中にあっては最も大規模な乱刃    の一作風を示したものといえよう」と説明されている。

注②…重要刀剣証明書。

刀 大磨上無銘 伝志津刀 大磨上無銘 伝志津刀 大磨上無銘 伝志津 白鞘

 

 

刀 大磨上無銘 伝志津 差表切先刀 大磨上無銘 伝志津 差表中央刀 大磨上無銘 伝志津 差表ハバキ上

刀 大磨上無銘 伝志津 差裏切先刀 大磨上無銘 伝志津 差裏 中央刀 大磨上無銘 伝志津 差裏ハバキ上

刀 大磨上無銘 伝志津 ハバキ

伝志津押形