短刀
銘 筑州住宗作(花押) 昭和六十年二月吉日
刀身彫刻 銘 彫仙壽(金象嵌花押)

Tanto
Chikushu ju SO saku (Kao)
Showa 60 nen 2 gatsu kichijitsu
Engraving: Sig. Hori SENJU
(Kin zogan mei Kao)


刀身 宗勉 無監査刀匠 福岡県

刃長 九寸七分
元幅 九分四厘
重ね 二分五厘半

刀身彫刻 柳村仙壽 無監査作家 岡山県
表 旗鉾陰刻 裏 剣巻龍地肉彫

金着一重ハバキ 白鞘入

『柳村仙寿 平成の刀身彫刻』所載

昭和六十年福岡県登録


Swordsmith: So TSUTOMU
"Mukansa" swordsmith by NBTHK
Fukuoka prefecture

Hacho (Edge length)29.4cm
Moto-haba (Width at Ha-machi) approx. 2.85㎝
Kasane (Thickenss) approx. 0.77㎝

Gold foil single Habaki / Shirasaya

Engraver: Yanagimura SENJU
"Mukansa" craftman by NBTHK
Okayama prefecture

"Hatahoko" on the right face(Omote)
"Ken-maki Ryu"on the back face (Ura)

Put in "Yanagimura Senju Heisei no Toshin chokoku"

 宗勉刀匠は昭和二年鹿児島県の生まれ。江戸時代前期の大坂刀工や肥前刀工に紛れるような緻密に詰み澄んだ小板目鍛えに沸の深い互の目乱や直刃を焼き施すを得意とし、殊に助廣や真改写しの名作を遺している。
 刀身彫刻の分野では最右翼に位置するのが柳村仙壽師。幼い頃から美術工芸に魅かれ、刀身彫の技術は昔気質の故仙琇師の間近で会得、これに独創を加味して多くの刀工の作品に彫物を遺している。それらの中でも傑出作は、平成十年に出版された『柳村仙寿―平成の刀身彫刻』や、小社発行の『刀身彫刻の清華』で紹介されている。
 この短刀こそ、両師の芸術性と、その手業によって織り出された清浄さと古典美を兼ね備えた逸品で、寸法延びごころに身幅たっぷりと重ねを厚く仕立てた、堂々とした造り込み。小板目鍛えの地鉄は微細な地沸が全面に付いて明るく、この中に流れるような繊細な板目肌が潜んで静かなる地相を呈している。刃文は肥前忠廣風の直刃。明るい小沸の帯が刃に沿って連なり、帽子は丸く返る。刃境には流れるような肌目に沿ってほつれが掛かり、働きは過ぎることなく穏やかに刃中に広がる。刀身彫刻は江戸時代初期の肥前の彫物専門工宗長を手本とした剣巻龍と旗鉾。図の際を鋤き込んだ中に立体的に彫り出した龍の身体は強弱力感が籠り、鋭く立つ鱗、剣を摑む手足の鋭い爪、大きく開いた口、丸くくっきりとした目玉、反り返った角など総てが精巧で、刀身から飛び出さんばかりに生気に満ち溢れている。

短刀 銘 筑州住宗作(花押) 昭和六十年二月吉日 刀身彫刻 銘 彫仙壽(金象嵌花押)短刀 銘 筑州住宗作(花押) 昭和六十年二月吉日 刀身彫刻 銘 彫仙壽(金象嵌花押)短刀 銘 筑州住宗作(花押) 昭和六十年二月吉日 刀身彫刻 銘 彫仙壽(金象嵌花押) 白鞘

 

短刀 銘 筑州住宗作(花押) 昭和六十年二月吉日 刀身彫刻 銘 彫仙壽(金象嵌花押) 差表切先短刀 銘 筑州住宗作(花押) 昭和六十年二月吉日 刀身彫刻 銘 彫仙壽(金象嵌花押) ハバキ上

短刀 銘 筑州住宗作(花押) 昭和六十年二月吉日 刀身彫刻 銘 彫仙壽(金象嵌花押) 差裏切先短刀 銘 筑州住宗作(花押) 昭和六十年二月吉日 刀身彫刻 銘 彫仙壽(金象嵌花押) ハバキ上

 

短刀 銘 筑州住宗作(花押) 昭和六十年二月吉日 刀身彫刻 銘 彫仙壽(金象嵌花押)ハバキ