太刀
生ぶ茎無銘 千手院

Tachi
no sign (Ubu-nakago) SENJUIN



大和国 鎌倉時代初期 約八百年前

刃長 二尺三寸五分七厘
反り 七分二厘
元幅 九分一厘
先幅 四分九厘
棟重ね 二分
鎬重ね 二分二厘

金着二重ハバキ 白鞘付

茶潤塗鞘打刀拵入
拵全長 三尺三寸七分
柄長 八寸

本間薫山博士鞘書「大和千手院」

昭和四十九年兵庫県登録
特別保存刀剣鑑定書 (千手院) 

Yamato province
early Kamakura period(early 13th century)
about 800 years ago

Hacho (Edge length) 71.4㎝
Sori (Curvature) approx. 2.18㎝
Moto-haba (Width at Ha-machi) approx. 2.76㎝
Saki-haba(Width at Kissaki) approx.1.48㎝
Kasane (Thickenss) approx. 0.67㎝

Gold foil double Habaki
Calligraphy on the Shirasaya
written by Dr. Honma Kunzan
"Yamato Senjuin"

Cha urumi nuri saya, uchi-gatana koshirae
Whole length approx. 102.1cm
Hilt length approx. 24.2cm

Tokubetsu-hozon certificate by NBTHK
(Senjuin)

 大和国に栄えた五派の中でも殊に歴史が古く、東大寺の背後若草山西の千手院谷にあった僧院に属していたと伝えるのが千手院鍛冶である。大和物の作風の源流を成して地鉄鍛えが古調であるところに特徴がある。平安時代後期の行信と重弘の工銘が記されてはいるも在銘作はなく、遺作のほとんどが無銘である。
 この太刀は、ゆったりとした反りに腰反りが加わり、先伏しごころに小鋒に結んだ、実戦の時代へと向かいつつある鎌倉時代初期の姿格好。大太刀に添えて操作性に富んだ小太刀を備えていたものであろう。鮮明な地景を伴う板目鍛えの地鉄は、大きく揺れて流れて所々柾目肌が際立ち、肌間を埋める小板目鍛えに地沸が浮かび、鎬寄りに淡く乱れた沸映りが立って一際古調。刃文は小模様に連続する小互の目を基調に焼頭が尖りごころとなり、物打辺りが湯走りで乱れ、帽子は掃き掛けて僅かに返る。匂口柔らか味のある焼刃は物打辺りが特に冴えて明るく二重刃、打ちのけが層を成し、刃中は肌目に沿って金線、沸筋、砂流しが働き、殊に鋭い金線が区上から鋒まで途絶えることなく連続する。棟の所々に遺されている受け疵が戦場での活躍を物語るのみならず、強い衝撃を受けても尚健体を保っていることに驚きを禁じ得ない。
 附されている拵は、戦国時代の野戦用を忠実に再現したもので、引き締まった鞘と立鼓のとられた柄形とし、黒漆塗の鮫皮に古金工の目貫を革緒で両捻巻に仕上げ、さらに黒漆を塗り施した堅固な造り込み。特筆すべきは、平安鎌倉の古式に則り、鞘塗の下地を動物の薄革で包んで堅牢さを高めている点。刀身、拵共に古を偲ぶ数奇者の美意識が示された作となっている。

太刀 生ぶ茎無銘 千手院太刀 生ぶ茎無銘 千手院茶潤塗鞘打刀拵 刀身 太刀 生ぶ茎無銘 千手院本間薫山博士鞘書「大和千手院」 太刀 生ぶ茎無銘 千手院 白鞘

 

太刀 生ぶ茎無銘 千手院 佩裏切先太刀 生ぶ茎無銘 千手院 佩裏 中央太刀 生ぶ茎無銘 千手院 佩裏 ハバキ上

太刀 生ぶ茎無銘 千手院 佩表 切先太刀 生ぶ茎無銘 千手院 佩表 中央太刀 生ぶ茎無銘 千手院 佩裏 ハバキ上

黒鮫皮着黒漆塗革両捻巻柄

鍵透図鐔 無銘 古甲冑師

鍵透図鐔 無銘 古甲冑師

茄子図目貫

茄子図目貫

山葵図小柄道具図笄

道具図笄

太刀 生ぶ茎無銘 千手院 ハバキ

 

千手院押形