波文総金具黒石目地塗鞘脇差拵

"Nami" mon so-kanagu kuro ishime-ji nuri saya,
wakizashi koshirae


拵全長 一尺九寸五分
鞘長 一尺四寸五分
柄長 四寸九分
刃長 約一尺二寸五分
反り 約二分五厘
茎長 約四寸
元幅 一寸一分強

(刀身はありません)

Whole length 59cm
Scabbard length approx. 43.9cm
Hilt length approx. 14.8cm
Edge length approx. 37.9cm
Curcature approx. 0.76cm
Width at Ha-machi approx. 3.33cm
Nakago length approx. 12.1cm

This koshirae has no sword.

 激しく寄せては返す波濤模様の縁頭、口金、小柄、割笄、胴金付栗形、鐺の一作金具で装いの要とした、美観と武骨さを併せ持つ拵。収められていた刀身は、ツナギの形から南北朝時代に好んで用いられた、身幅の広く先反りの付いた平造小脇差。四分一地高彫金色絵の総金具は、江戸時代後期の江戸埋忠派の就方が得意とした擦り剥がしの手法で色調に枯淡の趣を滲ませた作としている。いずれも厚手の地金を用いて量感があり、古くは婆娑羅、あるいは桃山頃の傾奇の意識を江戸時代後期に再現したものと思われ、これを腰に帯びた武人の大らかな美意識が窺えよう。鐔のみ耳に波文、地面に牡丹獅子と龍神図を高彫している。柄は京の風俗でもある黒木売りの農夫を題に得、写実的構図で精密に彫り表した目貫を出鮫皮に据えている。これも同じ手で、四分一地容彫金色絵擦り剥がしの技法が活きているのみならず、黒木に添えられた桜の一枝が京の雅を感じさせる要素となっている。

波文総金具黒石目地塗鞘脇差拵波文総金具黒石目地塗鞘脇差拵

波に獅子牡丹・龍図鐔

波に獅子牡丹・龍図鐔

波文図縁頭

 

黒木売翁図目貫 白出鮫柄出目貫仕立

 

黒木売翁図目貫 白出鮫柄出目貫仕立

波文図割笄 小柄

 

波文図鐺

 

波文図胴金付栗形