短刀
銘 金道
(初代伊賀守初期銘)
(業物)

Tanto
KINMICHI
(Early inscription of the founder)
(Wazamono)


山城国 天正頃 約四百三十年前

刃長 九寸三分六厘
反り 僅少
元幅 八分五厘
重ね 一分六厘
彫刻 表 腰樋掻流し・添樋 裏 棒樋掻流し

金着二重ハバキ 白鞘付

黒蝋色塗鞘合口拵入
拵全長 一尺四寸
柄長 三寸七分


昭和二十六年福岡県登録

特別保存刀剣鑑定書
(初代伊賀守金道 天正頃)

Yamashiro province
Tensho era (Momoyama period, A.D.1573-1591)
about 430 years ago

Hacho (Edge length) 28.4㎝
Sori (Curvature) a little
Moto-haba (Width at Ha-machi) approx. 2.58㎝
Kasane (Thickenss) approx. 0.48㎝
Engraving: "Koshi-hi" kakinagashi and "Soe-hi" on the right face (Omote)
"Bo-hi" kaki-nagashi on the back face (Ura)

Gold foil double Habaki / Shirasaya

Kuro ro-iro nuri saya, aikuchi koshirae
Whole length approx. 42.4cm
Hilt length approx. 11.2cm

Tokubetsu-hozon certificate by NBTHK
(Early inscription of the founder, Tensho era)

 

 初代金道は、父兼道と共に弟を引き連れて美濃国より京の西洞院毘沙門町に移住し、三品一門の筆頭として新時代を切り拓いた名門の工。文禄三年に禁裏の御用を勤めて伊賀守を受領。後の大坂の陣に際しては徳川家康より千振りの太刀の製作の命を受けて見事に応え、日本鍛冶惣匠の称号を許されている。
 この短刀は受領前の天正年間に製作されたもので、後に三品の特徴となる流れるような沸を強く意識した相州伝の焼刃とは異なり、戦国期の香りが充満する典型的美濃伝の直刃。寸法延びごころながら身幅は尋常、先反りも重ねも控え目に時代の遡る風がある。腰元に刻された樋は表裏違えていかにも武骨。流れ肌を交えた板目鍛えの地鉄は、細やかな地景を伴って肌起ち、全面に付いた地沸と刃区から立ち上がる鮮明な関映りが複合して濃淡変化のある肌模様が展開、一際凄味のある景色を生み出している。刃文はわずかに湾れを交えた細直刃で、ふくら辺りに互の目を焼いて地蔵風の帽子に仕立てている(注)。清浄感のある匂出来の焼刃は刃中に一点の澱も留めず、極めて簡潔な調子で、武器としての性能を突き詰めた出来となっている。江戸期の相州風作品の多い金道の、時代の上がる純然たる美濃伝は極めて少なく、資料的価値が高い。
 雅楽の篳篥と笙を題に得た目貫を黒漆塗の細糸で巻き締めた柄に出目貫とし、親子鶏の小柄を備えた落ち着きのある合口短刀拵が附されている。

注…後の三品一門の帽子に、ふくら辺りに小さな互の目や玉を焼いた作がある。

短刀 銘 金道(初代伊賀守金道初期銘)短刀 銘 金道(初代伊賀守金道初期銘)

黒蝋色塗鞘合口拵 刀身 短刀 銘 金道(初代伊賀守金道初期銘)黒蝋色塗鞘合口拵 刀身 短刀 銘 金道(初代伊賀守金道初期銘)短刀 銘 金道(初代伊賀守金道初期銘) 白鞘

 

短刀 銘 金道(初代伊賀守金道初期銘) 刀身差表切先短刀 銘 金道(初代伊賀守金道初期銘) 刀身差表ハバキ上

短刀 銘 金道(初代伊賀守金道初期銘) 刀身差裏切先平造脇差 銘 備州長舩則光 文安四年八月日 刀身差裏ハバキ上

 

雅楽器図目貫 白鮫皮着黒細糸巻柄

雅楽器図目貫 白鮫皮着黒細糸巻柄

親子鶏図小柄親子鶏図小柄

 

短刀 銘 金道(初代伊賀守初期銘) ハバキ

金道押形