桜皮塗鞘短刀拵

Kaba nuri saya, tanto koshirae


拵全長 一尺二寸八分
鞘長 九寸
柄長 三寸四分

刃長 約七寸四分
元幅 約九分
茎長 三寸強
刀身はありません

価格 十六万円(消費税込)

Whole length: 39cm
Scabbard length: approx. 27.3cm
Hilt length: approx. 10.3cm

Hacho (Edge length) approx. 22.4㎝
Moto-haba (Width at Ha-machi) approx. 2.73㎝
Nakago length: approx.9.1cm

This koshirae has no sword.


Price 160,000JPY

  小さ刀拵風に小型の鐔を備えた、腰に帯びて安定感のある短刀拵。朱を帯びた茶色の漆で桜の皮模様を想わせる塗り模様は様々な工芸品にも見られる伝統的な手法。この風合いを活かした鞘は、鉄地無文の小柄と鉄地金布目象嵌で桐唐草文を施した割笄を備え、片切彫の技法で仙人の図を精巧に彫表した四分一地の鐺で美観と鋒部分の守りとしている。鐔は素銅地の耳に銀覆輪を施した簡潔な作。深みのある色調の四分一石目地高彫金色絵の彫法になる、雀を追う猛禽を彫り表した武家好みの縁頭と、赤銅地容彫金色絵の合戦図目貫を、黒糸で堅く巻き締めている。栗形は生地を活かした角製。その透明感のある質感が魅力的の一つとなっている。小振りながら身幅広めのがっしりとした短刀が収められていた。

桜皮塗鞘短刀拵桜皮塗鞘短刀拵

 

武者図目貫 白鮫皮着黒糸摘巻柄

武者図目貫

五三桐紋唐草象嵌図割り笄・無文小柄

雷文図鐔 耳に紗綾形文金平象嵌

仙人図鐺

角製栗形

猛禽図縁頭