騎馬鎧武者図目貫
 無銘 加賀後藤

 
江戸時代中期
加賀国
赤銅地容彫色絵
表 34.3mm 裏 34.5mm

上製落込桐箱入

橋本元祐仕覆付
保存刀装具鑑定書(加賀後藤)

価格 十五万円(消費税込)

Details

Menuki
"Kiba Yoro-musha"
(Samurai)
no sign KAGA GOTO

mid Edo period
Kaga province

made of Shakudo
Omote-menuki 34.3mm
Ura-menuki 34.5mm
Special Kiri Box,
with Shifuku (cloth cover), used by Hashimoto Genyu
Hozon certificate by NBTHK
(Kaga Goto)

Price 150,000JPY


 後藤家の中でも程乗等は、その高い技術が評価されて加賀前田家に出仕し、加賀金工発展に寄与している。これら加賀において活躍した後藤家の作を加賀後藤と呼び慣わしている。

 源平合戦の一場面に取材したこの目貫は、馬上の武者と徒歩(かち)武者を共に描いて時代背景をも鮮明に映し出している。上質の赤銅地を打ち出し、山高く谷深くの後藤流の彫様を明確にし、鎧兜の精密さだけでなく人物の表情も豊かに、金色絵を濃密に施し、合戦の臨場感を明示している。

注…旧所持者談によれば、本作は清田直翁‐橋本元祐と伝えられたものであると。


 

騎馬鎧武者図目貫 無銘 加賀後藤

騎馬鎧武者図目貫 無銘 加賀後藤

騎馬鎧武者図目貫 無銘 加賀後藤

橋本元祐仕覆 騎馬鎧武者図目貫 無銘 加賀後藤