波濤三日月図小柄 
 銘 栄乗作 光孝(花押)

桃山時代 山城国京都

赤銅魚子地高彫色絵
長さ 97mm 幅 14.5mm
上製落込桐箱入 (注)

保存刀装具鑑定書

価格 十八万円(消費税込)

Details

Kozuka
"Hatoh, Mikazuki"
Sig. EIJO saku, MITSUTAKA(Kao)


Momoyama period
Kyoto city, Yamashiro province
made of Shakudo
Length 97mm Width 14.5mm
Special Kiri Box
Hozon certificate by NBTHK

Prce 180,000JPY


  後藤宗家六代栄乗の作であることを同十三代光孝が極めた、波間に見え隠れする三日月に題を得た小柄。桃山文化の影響を受けた栄乗は、剣に生きる戦国武将が備えた美意識を、形として視覚に訴え得る作品を遺している。

 波間に三日月は、柳生連也斎が遺した柳生鐔のように剣術の極意を暗示している。渦巻く波の彼方に心象的な三日月を、渋い色調の銀色絵で赤銅魚子地に高彫表現。

 このありえない空間構成こそ禅に通じる感覚を強く刺激するもの。装飾に止まらない、緊張感に満ちた作品となっている。

注…箱表に金粉にて「榮乗作 光孝極 海月小刀柄」とある。


波濤三日月図小柄 銘 栄乗作 光孝(花押)波濤三日月図小柄 銘 栄乗作 光孝(花押)

波濤三日月図小柄 銘 栄乗作 光孝(花押)