獅子牡丹金具牡丹蒔絵鞘脇差拵

"Shishi, Botan" kanagu,
"Botan" makie saya,wakizashi koshirae


拵全長 一尺八寸
鞘長 一尺三寸三分
柄長 四寸五分

刃長 約一尺二寸
反り 約一分半
元幅 約九分
茎長 約三寸五分
刀身はありません

価格 四十五万円(消費税込)

Whole length: 54.5cm
Scabbard length: approx. 40.3cm
Hilt length: approx. 13.6cm

Hacho (Edge length) approx. 36.4㎝
Sori (Curvature) approx. 0.45cm
Moto-haba (Width at Ha-machi) approx. 2.73㎝
Nakago length: approx.10.6cm

This koshirae has no sword.


Price 450,000JPY

 牡丹に戯れる獅子の図は吉祥を示すもので、謡曲「石橋」にもあるように、古くから装剣小道具に好んで題に採られている。時を重ねてわずかに潤んだ黒漆塗の鞘には、表裏に亘って枝牡丹図が金銀粉平蒔絵の手法で立体感のある描写とされている。鐔は横谷英重の真鍮地高彫仕立ての獅子図。小柄は赤銅魚子地にくっきりと量感のある高彫金色絵の牡丹獅子図。栗形と裏瓦は金無垢魚子地高彫仕立ての牡丹蝶図で色合い鮮やか。時を経て深味のある真鍮地高彫赤銅素銅象嵌仕上げの牡丹蝶図縁頭に、金無垢地高彫仕立ての噛合獅子図目貫を洒落た織模様のある薄茶色の柄糸で堅く巻きしめている。総体に渋い佇まいを感じさせる作である。遺されているツナギは、応永備前の平造の姿形である。

獅子牡丹金具牡丹蒔絵鞘脇差拵

 

獅子図鐔 銘 横谷英重

獅子図鐔 銘 横谷英重

噛合獅子図目貫

噛合獅子図目貫

獅子牡丹図小柄獅子牡丹図小柄

牡丹蝶図栗形

牡丹蝶図裏瓦

牡丹蝶図縁頭