ご注文はこちら
三つのお約束

一覧へ

脇差 大磨上無銘 宇多國房



Wakizashi
no sign (O-suriage mumei)
Uda KUNIFUSA



越中国 応永頃 約六百年前
Ecchu province, Oei era (late 14th century - early 15th century, early Muromachi period), about 600 years ago

刃長 一尺四寸六分二厘 Edge length; 44.3cm
反り 二分 Sori (Curvature); approx. 0.61cm
元幅 六分四厘半 Moto-haba(Width at Ha-machi); approx. 1.95cm
先幅 五分六厘 Saki-haba(Width at Kissaki); approx. 1.7cm
棟重ね 一分三厘
鎬重ね 一分六厘半 Kasane (Thickness); approx. 0.5cm
彫刻 表裏 棒樋掻流し
Engraving: "Bo-hi, kaki-nagashi" on the both sides
金着二重ハバキ 白鞘入
Gold foil double Habaki / Shirasaya


昭和二十七年東京都登録
保存刀剣鑑定書(宇多國房)
Hozon certificate by NBTHK (Uda Kunifusa)

価格 350,000円(消費税込)

 宇多派は鎌倉末期に大和国宇陀郡から移住した古入道國光に始まり、國房、國宗などの優工を輩出し、南北朝から室町期に亘って大いに栄えた。同派は、柾がかる板目鍛えの地鉄に沸出来乱刃の、大和伝に相州伝を加味した地刃の作を遺しており、國房は応永頃に活躍した優工の一人である。
 この脇差は、宇多國房と極められた大磨上無銘の一振。鎬地の肉を削ぎ落して刃の抜けの良さを追求したものながら、適度に反って品格のある姿を留めている。地鉄は板目に杢を交えて綾杉状にうねる肌合いとし、平地は殊に小板目に柾を交えて詰み、細かな地景が入り、地沸が微塵に付いて輝き、刃の際が澄んで処々に地斑が現れ、乱れごころの映りとなり、濃淡変化のある様子は味わい深く、鎬筋に沿って施された食い違い樋も個性的で、古名刀の風情を漂わせている。刃文はゆったりとした湾れに互の目を交え、深く付いた沸の粒子が刃中に零れて相州伝の雪の叢消えの如き様相を呈し、刃境に小形の金線、細かな砂流し、打ちのけ風に湯走りが掛かり、処々喰い違い、小足入り、刃中に沸匂が充満して蒼く冴える。帽子は焼を充分に残し、強く沸付いて掃き掛け、横に展開して焼き詰めごころに僅かに返る。大磨上無銘の茎は横鑢で丁寧に仕立てられている。地刃精妙に働き、短寸ながら大きさを感じさせる、見応えのある作である(注)。

注…往時は京粟田口國清として伝来したものであろう。昭和二十七年東京都発行の登録証には当時の登録審査員により「無銘(傳粟田口国清)」と万年筆で記されている。

脇差 大磨上無銘 宇多國房    脇差 大磨上無銘 宇多國房脇差 大磨上無銘 宇多國房 白鞘

 

 

脇差 大磨上無銘 宇多國房 切先表    脇差 大磨上無銘 宇多國房 刀身表中央脇差 大磨上無銘 宇多國房 刀身ハバキ上表


 

 脇差 大磨上無銘 宇多國房  刀身差裏切先  脇差 大磨上無銘 宇多國房 刀身差裏中央脇差 大磨上無銘 宇多國房 刀身ハバキ上差裏

 

  脇差 大磨上無銘 宇多國房 ハバキ

 



Ginza Choshuya All Rights Reserved


銀座長州屋ウェブサイトトップページ