銘 備中國水田住国重作

Katana
Bicchu no kuni Mizuta no ju KUNISHIGE saku



備中国 寛永頃 約三百九十年前
Bicchu province, Kan'ei era (early 17th century, early Edo period), about 390 years ago

刃長 二尺三寸三分 Edge length; 70.6cm
反り 六分 Sori (Curvature); approx.1.82cm
元幅 九分九厘 Moto-haba(Width at Ha-machi); approx. 3cm
先幅 六分九厘Saki-haba (Width at Kissaki); approx. 2.09cm
棟重ね 二分三厘
鎬重ね 二分五厘 Kasane (Thickness); approx. 0.76cm
金着二重ハバキ 白鞘入
Gold foil double Habaki / Shirasaya

昭和六十三年東京都登録
特別保存刀剣鑑定書
Tokubetsu-hozon
certificate by NBTHK

価格 1,400,000円(消費税込)

 国重の工銘で名高い備中国水田鍛冶は、隣国備後尾道より備中松山城主三村家親(注@)に招かれた大月三郎左衛門尉国重、あるいは毛利元就に抱えられて芸州郡山城下にて打った大月左兵衛尉国重等が、呰部、水田、荏原(注A)を発祥の地として戦国期に活躍し、江戸時代に至っては更に沸を強調した大與五国重等が出現するなど大いに栄えた。遺作には相州伝の名工堀川國廣、繁慶等の塁を摩すばかりの力作もみられ、それらの中にはより高名な他作に紛れたものがあったとも云われている。
 この刀は身幅広く重ね厚く、鎬筋張り、腰元から反りが高く付いて中鋒やや延び、脇差の現存の多い同作中では好姿を保つ堂々たる打刀。板目主調の鍛えは鎬地にも肌目が入り、地景躍動し、地沸厚く付いて古雅の趣がある。刃文は一転して華やかな大互の目乱刃で、刃縁に白い沸が積み重なり、金筋、砂流しの働きも豊富に、太い沸足射し、沸匂充満して刃中も明るい。帽子は焼深く残し、浅く乱れ込んで棟に長く焼き下げる。刃上がり栗尻に仕立てられた茎には個性的な鑚使いで銘字が切り認められている。地刃にこの派の特色が遺憾なく発揮された標本的傑作となっている。

注@…松山城は現岡山県高梁市。三村家親は毛利氏や宇喜多氏らと渡り合った備中の有力な戦国大名。
注A…呰部と水田は、共に岡山市の北西約四十五キロに位置する上房郡北房町、荏原は広島県福山市に近い井原市東江原町辺り。

刀 銘 備中國水田住国重作刀 銘 備中國水田住国重作刀 銘 備中國水田住国重作 白鞘

刀 銘 備中國水田住国重作 切先表刀 銘 備中國水田住国重作 刀身中央表刀 銘 備中國水田住国重作 刀身ハバキ上表


刀 銘 備中國水田住国重作 切先裏刀 銘 備中國水田住国重作 中央裏刀 銘 備中國水田住国重作 刀身ハバキ上差裏

  刀 銘 備中國水田住国重作 ハバキ

 

国重押形
Ginza Choshuya All Rights Reserved


銀座長州屋ウェブサイトトップページ