銘 (葵紋) 康継以南蛮鐵於越前作之
(越前三代)

Katana
(Aoi mon) YASUTSUGU Nanban-tetsu wo motte Echizen ni oite kore wo tsukuru
(Echizen the 3rd generation)



越前国 延宝頃 約三百四十年前
Echizen province, Enpo era (late 17th century, early Edo period), about 340 years ago

刃長 二尺二寸九分七厘 Edge length; 69.6cm
反り 四分三厘 Sori (Curvature); approx.1.3cm
元幅 一寸五厘 Moto-haba(Width at Ha-machi); approx. 3.18cm
先幅 七分 Saki-haba (Width at Kissaki); approx. 2.12cm
棟重ね 二分二厘半 Kasane (Thickness); approx. 0.68cm
棟重ね 二分
金着二重ハバキ 白鞘入
Gold foil double Habaki / Shirasaya

昭和四十七年東京都登録
特別保存刀剣鑑定書(越前三代)
Tokubetsu-hozon certificate by NBTHK (Echizen 3 dai)

価格 2,200,000 円(消費税込)

 前三代目の康継は、徳川家康に寵愛されて駿府に出仕し、康の字を賜り三葉葵紋を切り添えるを許され、江戸に移住した初代康継の三男で、名は四郎右衛門、後に市右衛門と称す。兄の二代目康継の没後は、康継家が江戸においても活動することになったため越前家を相続したのであった。
 この刀は、元幅広く、先も比較して広く、適度に反りが付いて鋒伸びごころにここもバランスがとれた、姿格好の良い造り込み。研ぎ減り少なく刃区深く、手にして重量の感じられる健全体躯。板目鍛えの地鉄は小板目肌を交えてゆったりと流れ、全面に付いた地沸を分けるように地景が鮮明に現れる。湾れ調の刃文は相州古伝を下地とする不定形に乱れた互の目に小丁子を交えた構成で、刀身中程の焼きが深まって迫力に満ち、帽子は掃き掛けを伴う小丸返り。明るく冴えた小沸の幅が広狭変化に富んだ焼刃は、刃境が沸で盛んにほつれ、その一部は稲妻状の金線となって刃中に走り込み、また、盛んに射す小足の上を砂流し沸筋を伴って流れ掛かる。刃先近くには沸匂が淡く漂い、物打辺りに黒く澄んだ玉状の焼が生じて味わい深い景色となっている。また、刃境から地中に流れ込む働きも活発で、その沸による湯走りとも異なる淡い景色も見どころ。地刃共に働きの旺盛な、康継家の優れた技術が示された作となっている。

刀 銘 (葵紋)康継以南蛮鐵於越前作之(越前三代)刀 銘 (葵紋)康継以南蛮鐵於越前作之(越前三代)刀 銘 (葵紋)康継以南蛮鐵於越前作之(越前三代) 白鞘

刀 銘 (葵紋)康継以南蛮鐵於越前作之(越前三代) 切先表刀 銘 (葵紋)康継以南蛮鐵於越前作之(越前三代) 刀身中央表刀 銘 (葵紋)康継以南蛮鐵於越前作之(越前三代) 刀身ハバキ上表


刀 銘 (葵紋)康継以南蛮鐵於越前作之(越前三代) 切先裏刀 銘 (葵紋)康継以南蛮鐵於越前作之(越前三代) 中央裏刀 銘 (葵紋)康継以南蛮鐵於越前作之(越前三代) 刀身ハバキ上差裏

  刀 銘 (葵紋)康継以南蛮鐵於越前作之(越前三代) ハバキ

 

康継押形
Ginza Choshuya All Rights Reserved


銀座長州屋ウェブサイトトップページ