短刀
銘 荘司直勝 於東都淬之
嘉永丑年十一月日 於北越荘瀬作之


Tanto
Shoji NAOKATSU kore wo watasu
Kaei Ushi no toshi 11 gatsubi
Hokuetsu Shose ni oite kore wo tsukuru



武蔵国 嘉永六年  百六十五年前 五十歳作

Musashi province, Kaei 6, late Edo period, AD1853, 165 years ago

刃長 五寸三分一厘半 Edge length; 16.1cm
元幅 七分九厘 Moto-haba(Width at Ha-machi); approx. 2.4cm
先幅 七分五厘 Saki-haba (Width at Kissaki); approx. 2.28cm
棟重ね 七厘
鎬重ね 一分六厘半 Kasane (Thickness); approx. 0.5cm
金着一重ハバキ 白鞘付 Gold foil single Habaki / Shirasaya

黒蝋色塗鞘合口短刀拵入 Kuro ro-iro nuri saya, aikucih tanto koshirae
拵全長 九寸五厘 Whole length: approx. 27.5cm
柄長 三寸 Hilt length: approx. 9.1cm

昭和四十七年新潟県登録
特別保存刀剣鑑定書
Tokubetsu-hozon certificate by NBTHK 


 白鳥の飛来地瓢湖は、旗本溝口氏が越後国北蒲原郡水原の開拓のために築いた用水溜池であった。江戸中期に幕府領となった水原は、市島徳次郎、佐藤伊左衛門、佐藤友右衛門などの千町歩を領した大地主や、幕府御用の回漕問屋市島次郎吉などの豪農や豪商(注@)が活躍し、また幕府代官所(注A)が置かれて大規模な市場も開催され、賑わいをみせた。大慶直胤の子で名手の誉高い次郎太郎直勝は嘉永五年から六年水原で有力者の需めに応えており、極上質の鋼と細心の鍛錬によるこれらの作は「水原打」として珍重されている。
この短刀はペリーが来航した嘉永六年癸丑の年、越後国北蒲原郡水原で精鍛し、その後、十一月に江戸で焼入れを施したとみられる一口。身幅の割に寸法を控え、両区深く、棟の肉が削ぎ落され、鎬筋は棟に抜ける、小振りながら量感のある冠落しの造り込み。地鉄は無類に詰んだ柾目肌で、小粒の地沸が均一に付いて澄む。直刃調の刃文は浅く湾れ、純白の小沸が付いて刃縁明るく、小形の金線、砂流し、打ちのけ掛かって小模様に働き、刃中は匂で水色に澄む。帽子は焼を深く残し、掃き掛けて小丸に長めに返る。茎の保存状態は良好で、錆浅く白く輝いて鑢目も鮮やかに、銘字は太鑚で入念に刻され、荘瀬の地名も直勝の水原での動向を伝えて貴重である。
黒漆塗鞘の合口拵は、懐に隠し持つに適した構造で、五三桐紋の目貫が漆黒に映える作。

注@…嘉永五年二月佐藤友右衛門の為に鍛えた九寸九分の短刀(『水心子正秀とその一門』)、同年八月、二尺四寸七分超の備前伝の刀(第二十四回重要刀剣)、翌六年二月、二尺五寸九分の備前長光写しの刀(『銀座情報』二百六十七号)等がある。
注A…海舟の父小吉は文政二年に実兄に伴い越後水原の陣屋を訪れ、「支配所の内には大百姓が居る故、珍しき物も見た。反物・金もたんと貰って帰った」と『夢酔独言』に記し、豪農の力を窺わせている。

短刀 銘 荘司直勝 於東都淬之 嘉永丑年十一月日 於北越荘瀬作之短刀 銘 荘司直勝 於東都淬之 嘉永丑年十一月日 於北越荘瀬作之黒蝋色塗鞘合口短刀拵 刀身 短刀 銘 荘司直勝 於東都淬之 嘉永丑年十一月日 於北越荘瀬作之黒蝋色塗鞘合口短刀拵 刀身 短刀 銘 荘司直勝 於東都淬之 嘉永丑年十一月日 於北越荘瀬作之

短刀 銘 荘司直勝 於東都淬之 嘉永丑年十一月日 於北越荘瀬作之 切先表短刀 銘 荘司直勝 於東都淬之 嘉永丑年十一月日 於北越荘瀬作之 切先裏

 

 


短刀 銘 荘司直勝 於東都淬之 嘉永丑年十一月日 於北越荘瀬作之 ハバキ


直勝押形
Ginza Choshuya All Rights Reserved


銀座長州屋ウェブサイトトップページ