ご注文はこちら
三つのお約束

株式会社銀座長州屋HPへ


大磨上無銘 手掻

Katana
no sign (O-suriage mumei) Tegai

大和国 鎌倉後期 約六百九十年前

刃長 二尺二寸強 Edge length; 66.8cm
反り 四分七厘 Sori (Curveture); approx.1.43cm
元幅 九分六厘半 Moto-haba(width at Ha-machi); approx. 2.93cm
先幅 六分四厘 Saki-haba (width at Kissaki); approx. 1.94cm
棟重ね 二分一厘
鎬重ね 二分五厘 Kasane (thickness); approx. 0.76cm
彫刻 表 棒樋掻通し 裏 棒樋掻流し
金着二重ハバキ 白鞘入
本阿弥日洲師鞘書

昭和四十年大分県登録

特別保存刀剣鑑定書(手掻) Tokubetsu hozon certificate by NBTHK (attributed to Tegai)

価格 1,100,000円(消費税込)

 四寸強の磨り上げが施された、大和国で最も栄えた手掻派の作。元先の身幅が比較的広く残され、鎬高く重ね厚く、腰反りごころの中間反り。小板目を交えた板目鍛えの地鉄は、全面に付いた地沸を分けるように黒光りする地景が鮮明に立つ。刃文は浅い湾れを交えた直刃で、小模様の互の目が複合されて淡い小足が入り、肌目に沿ったほつれが穏やかに入り、地刃を越えて屈曲した稲妻が光る。帽子は、物打辺りから連なる匂の砂流しが先端に煙るように掃き掛けてわずかに返る。
 大和手掻派は、鎌倉後期の正応頃の包永に始まり、南北朝時代を経て室町時代に至るまで活躍し、後は戦国期の実用刀を専らとする刀工群となる。手掻の活躍は、東大寺の転害門辺りに地名が遺されているように足跡が明確。また、優れた技術が求められて手掻派の刀工が各地に移住している。

刀 大磨上無銘 手掻刀 大磨上無銘 手掻刀 大磨上無銘 手掻 白鞘

刀 大磨上無銘 手掻 切先表刀 大磨上無銘 手掻 刀身中央表刀 大磨上無銘 手掻 ハバキ上表


刀 大磨上無銘 手掻 切先裏刀 大磨上無銘 手掻 中央裏刀 大磨上無銘 手掻 刀身区上差裏

刀 大磨上無銘 手掻 ハバキ



手掻押形
Ginza Choshuya All Rights Reserved