日本刀販売専門店 銀座長州屋

日本刀無料鑑定評価はこちら 日本刀無料鑑定評価はこちら 日本刀無料鑑定評価はこちら 日本刀無料鑑定評価はこちら 日本刀無料鑑定評価はこちら 日本刀無料鑑定評価はこちら 日本刀無料鑑定評価はこちら 日本刀無料鑑定評価はこちら 日本刀無料鑑定評価はこちら 日本刀無料鑑定評価はこちら 日本刀無料鑑定評価はこちら 日本刀無料鑑定評価はこちら 日本刀無料鑑定評価はこちら 日本刀無料鑑定評価はこちら 日本刀無料鑑定評価はこちら 日本刀無料鑑定評価はこちら 日本刀無料鑑定評価はこちら 日本刀無料鑑定評価はこちら 日本刀無料鑑定評価はこちら 日本刀無料鑑定評価はこちら 日本刀無料鑑定評価はこちら 日本刀無料鑑定評価はこちら 日本刀無料鑑定評価はこちら 日本刀無料鑑定評価はこちら 日本刀無料鑑定評価はこちら

群千鳥図目貫 割際端銘 味墨

江戸後期 武蔵国江戸 金無垢地容彫 特製落込桐箱入

 浜野家四代味墨政信が得意とした、洒落た構成の群千鳥図。政信は喜八郎と称し鋪随の門人で、後に技術が認められて養子となり浜野家を相続した。この目貫は、明るい色調の金無垢地を打ち出し、際端を高く仕立ててふっくらとした地造りとし、独特の鏨を打ち込んで翼の動きを表現している。洒落た構成ながら、政信にとっての千鳥は小鳥といった風情ではなく、大きく開いて呼び合うような嘴、目もそれに応じて厳しさの窺える表現。

(『銀座情報4月号』 掲載品