銘 (枝菊紋)近江守源久道

Katana
Sig. (Eda-giku mon)
Omi no kami Minamoto no HISAMICHI


山城国 天和頃 約三百三十七年前


刃長 二尺三寸六分
反り 七分六厘
元幅 一寸一分
先幅 七分三厘半
棟重ね 二分五厘強
鎬重ね 二分八厘
彫刻 表 腰樋・添樋 裏 護摩箸

金着二重ハバキ 白鞘入

令和二年東京都登録
特別保存刀剣鑑定書

価格 百三十万円(消費税込)

Yamashiro province
Tenna era (AD1681- 1683, early Edo period)
about 337 years ago

Hacho (Edge length) 71.5㎝
Sori (Curvature) 2.3cm
Moto-haba (Width at Ha-machi) 3.33㎝
Saki-haba (Width at Kissaki) 2.23cm
Kasane (Thickness) 0.85㎝
Engraving: "Koshi-hi, Soe-hi, Soe-hi" on the right face (Omote)
"Gomabashi" on the back face (Ura)

Gold foil double Habaki / Shirasaya

Tokubetsu-hozon certificate by NBTHK
Price 1,300,000 JPY

 近江守久道初代は寛永四年近江国野洲郡野村の生まれで、名を堀六郎兵衛という。上京して伊賀守金道率いる三品派の和泉守来金道に入門。寛文二年に近江守を受領し、朝廷の御用を勤めて茎に菊紋、枝菊紋を刻した。堂々たる姿に覇気横溢の乱出来の刀を手掛け、鎌田魚妙の『新刀辨疑』巻四で「古風得實の鍛冶」と高く評価されている。
 この刀は身幅広く重ね厚く、腰元から反り高く、中鋒に造り込まれた、伸びやかで洗練された姿。小杢目鍛えの地鉄は刃寄りに柾気を配して詰み澄み、地景が密に入って縮緬状に肌目立ち、地沸が厚く付いて鉄色が明るい。短い焼出しから始まる刃文は、互の目に丁子、小丁子が連れて一山となった構成に小湾れを交えて高低自然な起伏が付き、真っ白い雪のような小沸が降り積もって刃縁明るく、刃境に金線、砂流し盛んに掛かり、匂が充満して照度が抜群に高い刃中には太い沸足が入る。帽子は物打から焼を低くし、横手筋を越えて一気に立ち上がり、僅かに弛み、掃き掛けて小丸に返る。茎尻が尖ったこの工独特の茎は保存状態が優れ、太鑚によって鑚枕の立つ銘字に、柄菊紋(注)が誇らしげに刻されている。江戸時代前期の社会と経済の繁栄ぶりを体現したような、大らかで華麗な作風が展開された優品である。

注…十六葉菊紋の天和三年吉日紀の刀(『日本刀工辞典』)と枝菊紋の同年八月吉日紀の刀(『銀座情報』三五三号)、枝菊紋を刻し、精美な地鉄に濤瀾風の大互の目乱刃を焼いた二尺三寸二分六厘の刀(第三十三回重要刀剣)がある。

刀 銘 (枝菊紋)近江守源久道刀 銘 (枝菊紋)近江守源久道刀 銘 (枝菊紋)近江守源久道 白鞘

刀 銘 (枝菊紋)近江守源久道 差表切先刀 銘 (枝菊紋)近江守源久道 差表中央刀 銘 (枝菊紋)近江守源久道 差表 ハバキ上

刀 銘 (枝菊紋)近江守源久道 差裏切先刀 銘 (枝菊紋)近江守源久道 差裏 中央刀 銘 (枝菊紋)近江守源久道 差裏 ハバキ上

 

刀 銘 (枝菊紋)近江守源久道 ハバキ