ご注文はこちら
三つのお約束

一覧

大磨上無銘 平高田

 


Katana no sign

Taira TAKADA

  (O suriage mumei)


豊後国 室町後期 天文頃 約四百七十五年前

刃長 二尺三寸五分三厘
反り 八分七厘半
元幅 八分七厘半/先幅 五分六厘
棟重ね 二分一厘半/鎬重ね 二分四厘強
彫刻 表裏 棒樋掻流し
金着二重ハバキ 白鞘付

変り塗鞘打刀拵入
拵全長 三尺二寸五分
柄長 七寸四分二厘半


昭和五十六年東京都登録

保存刀剣鑑定書(平高田)

価格 八十万円(消費税込)


*     *     *     *

Bungo province / Tenbun era (mid 16th century, late Muromachi period) / about 475 years ago

Hacho (Edge length) 71.3p / Sori (Curvature) 2.4
p
Motohaba (Width at Ha-machi) 2.65p / Saki-haba (Width at Kissaki) 1.7
p
Kasane (Thickenss) 0.75
p
Engraving: "Bo-hi, kaki-nagashi" on the both sides
Gold foil double Habaki, Shirasaya

Kawari nuri saya, uchigatana koshirae
Whole length: 98.5cm
Hilt length: 22.5cm

Hozon certificate by NBTHK (Taira Takada)

Price 800,000JPY


 

 元来は二尺五寸超の長さがあったとみられる、平(たいら)高田(たかだ)と極められた大磨上無銘の刀。平高田とは室町時代の豊後国の刀工集団で、大友氏(注)の府内城下の高田荘で、棟梁平長盛を筆頭に活躍、戦国武将の高い信頼を得ていた。平高田の呼称は彼らが平姓を名乗ったことに因る。映り立つ地鉄に匂口締まった直刃や乱刃を焼き、一見すると備前刀に見紛う作を手掛けている。
この刀は大磨上とされてなお腰反り高く、先反りも加わり、操作性に配慮して掻き流された樋で姿が美しい。地鉄は板目に杢を交え、地底に地景躍動し、粒立った地沸厚くつき、一部地斑を交え、備前刀を想わせる肌合となる。刃文は小互の目小丁子に片落ち風の刃、腰開きごころの刃、角状の刃を交えて複雑に変化し、刃縁は小沸で明るく、刃境に細かな金線・砂流しかかり、足・葉盛んに入り、刃中も匂で冷たく澄み、刃味の良さを感じさせる。帽子は焼を充分に残してよく沸づき、僅かに掃き掛けて小丸に返る。経家、則光等室町中期頃の備前刀として伝来したものであろうか。
金唐草象嵌図鉄金具と太刀図目貫で装われた、金唐皮塗鞘の見栄えのよい拵が付されている。

注:大友氏は明や南蛮交易で蓄えた財力と将軍と直に交渉できる政治力を持った九州最大の戦国大名であった。

 

刀 大磨上無銘 平高田刀 大磨上無銘 平高田変り塗鞘打刀拵 刀身 刀 大磨上無銘 平高田刀 大磨上無銘 平高田 白鞘

刀 大磨上無銘 平高田 切先表刀 大磨上無銘 平高田 中央表刀 大磨上無銘 平高田 区上表





刀 大磨上無銘 平高田 切先裏刀 大磨上無銘 平高田 中央裏刀 大磨上無銘 平高田 差裏ハバキ上

 


刀 大磨上無銘 平高田  ハバキ 


Ginza Choshuya All Rights Reserved

銀座長州屋Website