ご注文はこちら
三つのお約束

一覧

固山備前介宗次作之
    弘化四年二月日

Katana Sig.

Koyama Bizen no suke MUNETSUGU kore wo tsukuru

    Koka 4 nen 2 gatsubi


武蔵国 弘化四年 四十五歳作 百七十二年前

刃長 二尺三寸三分
反り 六分五厘
元幅 九分五厘/先幅 六分
棟重ね 二分三厘/鎬重ね 二分六厘
金着二重ハバキ 白鞘入

昭和三十二年大分県登録

特別保存刀剣鑑定書

価格 百三十万円


*     *     *     *

Musashi province / Worked in Koka 4th (AD1847, late Edo period), 45 years old / 172 years ago

Hacho (Edge length) 70.6p / Sori (Curvature) approx.1.97p
Motohaba (Width at Ha-machi) approx.2.88p / Saki-haba (Width at Kissaki) approx.1.82p
Kasane (Thickenss) approx. 0.79p
Gold foil double Habaki, Shirasaya

Tokubetsu-hozon certificate by NBTHK

Price 1,300,000JPY


 享和三年奥州白河に生まれた固山(こやま)宗次(むねつぐ)は加藤綱英に作刀の手ほどきを受ける。その後、文政十三年末から天保初年頃に江戸に出、加藤綱英の弟で切れ味で鳴る長運斎綱俊の指導を受け、さらに成瀬家の家臣で試刀家として知られた伊賀乗重と交わり、作刀および刃味利鈍の研究に没頭した。天保八年頃には桑名藩工に迎えられ、弘化二年に備前介を受領している。新々刀随一と謳われるほどに刃味が優れて武門の信頼を高め、古賀藩主土井利位や宇和島藩主伊達宗城の注文で大小を手掛けるなど、大身の武士より大きな支持を得ている。
元先の身幅がバランス良く仕立てられたこの刀は、輪反り高く中鋒の、片手で打ち振るうに適した優美な太刀姿。地鉄は小板目肌に板目と小杢目を交えて深く錬れて詰んだ中に流れるような板目肌がうっすらと現れ、細かな地沸が均一に厚く付き、肌目に沿った地景が密に入って地肌細かに起ち、質感は縮緬状を呈して活力に溢れ、冴えた鉄色を呈する。直刃の刃文は、純白の小沸が付いて匂口きりりと締まり、刃中は清浄な匂が立ち込めて霞立つように澄みわたる。帽子は先やや突き上げ、小丸に上品に返る。茎の保存状態は完璧で、細鑚で丹念に刻された楷書銘も鮮明。備中青江の太刀の如くに、という需によるものであろうか、姿と地刃は気品に満ち、同工の直刃出来中の佳品となっている。

刀 銘 固山備前介宗次作之 弘化四年二月日刀 銘 固山備前介宗次作之 弘化四年二月日刀 銘 固山備前介宗次作之 弘化四年二月日 白鞘

刀 銘 固山備前介宗次作之 弘化四年二月日 切先表刀 銘 固山備前介宗次作之 弘化四年二月日 中央表刀 銘 固山備前介宗次作之 弘化四年二月日 ハバキ上表





刀 銘 固山備前介宗次作之 弘化四年二月日 切先裏刀 銘 固山備前介宗次作之 弘化四年二月日 中央裏刀 銘 固山備前介宗次作之 弘化四年二月日 差裏ハバキ上

 

 

刀 銘 固山備前介宗次作之 弘化四年二月日  ハバキ


Ginza Choshuya All Rights Reserved

銀座長州屋Website