ご注文はこちら
三つのお約束

一覧

脇差 (葵紋)康継於越前作之(越前三代)
    寛文八年十一月日

Wakizashi Sig.

(Aoi mon) Echizen ni oite YASUTSUGU
Kore wo tsukuru (Echizen, the 3rd generation)

    Kanbun 8 nen 11 gatsubi


越前国 寛文八年 三百五十一年前

刃長 一尺六寸五分
反り 三分三厘
元幅 一寸一分一厘/先幅 八分
棟重ね 二分一厘/鎬重ね 二分三厘
彫刻 表裏 棒樋丸止
上蓋金着下蓋赤銅二重ハバキ 白鞘入

昭和二十六年広島県登録

特別保存刀剣鑑定書

価格 百万円


*     *     *     *

Echizen province / Kanbun 8 (AD1668, early Edo period) / 351 years ago

Hacho (Edge length) 50p / Sori (Curvature) approx.1p
Motohaba (Width at Ha-machi) approx.3.36p / Saki-haba (Width at Kissaki) approx.2.43p
Kasane (Thickenss) approx. 0.7p
Engraving: "Bo-hi, Maru-dome" on the both sides
Gold foil and Shakudo double Habaki, Shirasaya

Tokubetsu-hozon certificate by NBTHK

Price 1,000,000JPY



   越前福井藩は家康の子結城秀康に始まる。家風は尚武の気が強く、大坂夏の陣では先駆を為し、真田幸村を討ち取っている。この越前武士の刀槍を鍛えた刀工の筆頭が康継(やすつぐ)。家康との所縁(注@)で幕府御用をも勤めた同家は、正保三年に二代康悦が嫡子市之丞を遺して急逝。若い甥を援けて御用を勤めたのが初代の三男市左衛門に他ならない。後に市之丞が江戸三代として自立する一方で、市左衛門は福井城下の屋敷と家禄を継承(注A)した。越前三代である。
寛文八年に製作されたこの脇差は越前三代康継の優品。身幅広く元幅も広く、重ね厚くバランス良く反り、中鋒やや延びた量感のある姿で、棒樋が掻かれて操作性への配慮が為された造り込み。板目鍛えの地鉄は強く起って黒味を帯び、太い地景が躍動し、厚く付いた沸が輝き、靭性のある肌合い。中直刃調の刃文は小湾れに連れた互の目を交え、小沸が付いて刃縁締まって光強く、刃中に沸の粒子が零れ込み、刃境に湯走り掛かり、一部食い違い、細かな金線、砂流しが盛んに掛かって初代を髣髴(注B)とさせ、堅物を切る威力に満ちている。帽子は表が僅かに弛み、裏は掃き掛けて二重刃ごころとなって小丸に浅く返る。茎に刻された銘字は康の第三画の鑚当たり等、細かな鑚使いも父初代に近似(注C)し、家康御取立の由緒を物語る葵紋が誇らしげに刻されている。頑健で刃味鋭い、越前武士好みの一振である。

注@家康の御前で打ち、葵紋と康の一字を拝領した旨を伝える熱田神宮蔵の脇差がある。
注A二代康悦康継に近しい旗本阿部四郎五郎が家督相続を調整したことを示す文書が『康継大鑑』に載せられている。
注B藤代版『日本刀工辞典新刀篇』に「作風初貮代に似る」とある。
注C継の字の糸偏に越前三代の銘の見所がある

 

脇差 銘 (葵紋)康継於越前作之(越前三代) 寛文八年十一月日脇差 銘 (葵紋)康継於越前作之(越前三代) 寛文八年十一月日脇差 銘 (葵紋)康継於越前作之(越前三代) 寛文八年十一月日 白鞘

脇差 銘 (葵紋)康継於越前作之(越前三代) 寛文八年十一月日 切先表脇差 銘 (葵紋)康継於越前作之(越前三代) 寛文八年十一月日 中央表脇差 銘 (葵紋)康継於越前作之(越前三代) 寛文八年十一月日 中央表





脇差 銘 (葵紋)康継於越前作之(越前三代) 寛文八年十一月日 切先裏脇差 銘 (葵紋)康継於越前作之(越前三代) 寛文八年十一月日 中央裏脇差 銘 (葵紋)康継於越前作之(越前三代) 寛文八年十一月日 差裏ハバキ上

 

 

脇差 銘 (葵紋)康継於越前作之(越前三代) 寛文八年十一月日  ハバキ


Ginza Choshuya All Rights Reserved

銀座長州屋Website