駒曳猿図小柄 
 銘 後藤俊乗(花押)

山城国京都 江戸時代中期元禄頃
赤銅魚子地高彫色絵 裏板金削継

長さ 96.8mm 幅 14.1mm
上製落込桐箱入
保存刀剣鑑定書

価格 十三万円(消費税込)

Details

Kozuka
"Koma-biki saru"
(Monkey, leading a horse)
Sig. Goto SHUNJO (Kao)

Kyoto city, Yamashiro province
mid Edo period, Genroku era

made of Shakudo
Length 96.8mm Width 14.1mm
Special Kiri Box
Hozon certificate by NBTHK

Prce 130,000JPY


 後藤俊乗は寛乗の嫡子で、家系は幕末の一乗まで継承している。

 本作は、慣れぬ馬具を着けられたのであろうか、暴れる若駒とその手綱を引く猿を、正確な構図で精密に彫り描いている。鎌倉時代、厩で猿を飼っていたように、この取り合わせは歴史が古い。

 漆黒の赤銅地を打って背景を省略し、くっきりと立つように山高く谷深く立体的に彫り出し、金の色絵と猿の顔にのみ素銅で色絵を施している。裏板は金の削継で、見えない部分の美観を高めている。


駒曳猿図小柄 銘 後藤俊乗(花押)

駒曳猿図小柄 銘 後藤俊乗(花押)