短刀
銘 和泉守藤原氏命


Tanto
Izumi no kami Fujiwara no UJINAGA


尾張国 寛文頃 約三百五十年前

刃長 九寸六分七厘
反り 僅少
元幅 八分六厘半
重ね 一分六厘半

彫刻 表 二筋樋掻流し 裏 棒樋掻流し
金着二重ハバキ 白鞘付

黒蝋色塗鞘合口短刀拵入
拵全長 一尺五寸八分
柄長 四寸

昭和三十八年山形県登録
特別保存刀剣鑑定書

価格 五十五万円(消費税込)

Owari province
Kanbun era, (late 17th,early Edo period)
about 350 years ago

Hacho (Edge length) 29.3㎝
Sori (Curvature) a little
Motohaba (Width at Ha-machi) approx. 2.62㎝
Kasane (Thickness) approx.0.5㎝
Gold foil double Habaki / Shirasaya

Kuro ro-iro nuri saya, aikuchi koshirae
Whole length: approx. 47.9cm
Hilt length: approx. 12.1cm

Tokubetsu-hozon certificate by NBTHK
Price 550,000JPY

 鎌倉時代に大和国より美濃国に移住したと伝える壽命は、鋭い切れ味を誇ったのみならず、その工銘が長命に擬えられることから好まれ、江戸時代末期まで栄えている。その流れを汲む氏命は、大和守を受領した初代が江戸前期の寛文頃に尾張に移住しており、その名跡を継いだ二代目は和泉守を受領している。
 この短刀(注)は、寸法が延びごころに物打辺りが張り、重ねは尋常、表に二筋樋を丈比べに、裏には棒樋を掻き流し、鎌倉時代末期にみられる洗練味のある姿に仕立てられている。小板目鍛えの地鉄は、平地中ほどに揺れるような板目と杢目を交えて地沸が付き、細かな地景で綺麗に肌起つ。浅い湾れを交えた直刃は、刃境が細かにほつれ掛かり、喰い違い、湯走り、打ちのけなど繊細な働きが濃密に働き、細やかに乱れながら小丸帽子に至り、先端がわずかに乱れて返る。湯走りから沸映り状の景色が生じ、内容の高い出来となっている。  附されている出鮫柄の合口拵は、鷺が翼を休める荷車の図の目貫と小柄を備えており、旅路の安全を願う意味がある。

注…寛文頃には短刀の需要が激減しており、本作は特別の注文による製作であろうと思われる。

短刀 銘 和泉守藤原氏命短刀 銘 和泉守藤原氏命黒蝋色塗鞘合口短刀拵 刀身 短刀 銘 和泉守藤原氏命短刀 銘 和泉守藤原氏命 白鞘

短刀 銘 和泉守藤原氏命短刀 銘 和泉守藤原氏命

短刀 銘 和泉守藤原氏命 差裏切先短刀 銘 和泉守藤原氏命 差裏ハバキ上

短刀 銘 越前國下坂

短刀 銘 越前國下坂

短刀 銘 和泉守藤原氏命 ハバキ

氏命押形