砂潜龍図鐔
 無銘 薩摩

江戸時代後期 薩摩国
赤銅魚子地竪丸形高彫色絵金覆輪
縦 76.4m 横 75mm 切羽台厚さ 4.2mm

特製落込桐箱入
保存刀装具鑑定書(伝薩摩)

価格 三十万円(消費税込)

Details

Tsuba
"Suna-moguri ryu"
no sign SATSUMA

late Edo period / Satsuma province

made of Shakudo
Length 76.4mm Width 75mm Thickness 4.2mm

Special Kiri Box
Hozon certificate by NBTHK
(den Satsuma)
Price 300,000JPY


 魚子地を砂漠に見立て、砂原を掻き分けて姿を現す龍を高彫表現した鐔。

 薩摩国では直香などの小田派、兼置などの知識派、小野田派などの金工が砂潜龍を得意として活力に満ちた作品を遺している。

 この鐔は、地面を砂が風によって運ばれる漂文のように所々に筋立たせ、龍神は肉高く立体的に鏨を鋭く切り込んだ描法。龍の胴体が潜む砂原が盛り上がる様子も、巧みな肉採りで表されており迫力がある。
 金色絵は龍が纏う火炎、角、触覚、爪と控えめながら際立ち、耳も金色絵の覆輪で鮮やか。


 

砂潜龍図鐔 無銘 薩摩

砂潜龍図鐔 無銘 薩摩

砂潜龍図鐔 無銘 薩摩