ご注文はこちら
三つのお約束

一覧へ

対龍牡丹梅図鐔
無銘 平戸


江戸時代初期 肥前国平戸
真鍮石目地木瓜形高彫金色絵
縦 74mm 横 76.2㎜ 切羽台厚さ 3㎜
阿弥屋惣右衛門箱書
上製落込桐箱入


保存刀装具鑑定書平戸

二十五万円(消費税込

Tsuba
"Tsui-Ryu, Botan, Ume"
no sign: HIRADO

early Edo period / Hirado city, Hizen province
made of Brass
Size; 74mm×76.2mm×3mm
Calligraphy on the special Kiri Box
written by Amiya Soemon
Hozon certificate (Hirado)

Price 250,000JPY


 打ち出しが強く肉高い身体とされた龍神。異形の姿と巴状に構成するのは南蛮の影響を受けているためで平戸金工と極められ、地面に打ち施した石目地が七宝繋の文様で個性的。量感豊かな龍神の身体を包む鱗は鏨の打刻文で古風な味わいがあり、背骨と鰭の成す曲線が印象的で迫力がある。真鍮地金は年月を経て色合いが渋く、施された金色絵の一部が剥がれ、あるいは黒漆が鏨の底に残ってこれも凄味がある。異国の趣を湛えた平戸の、貴重な江戸初期の古作である。



対龍牡丹梅図 無銘 平戸 

対龍牡丹梅図 無銘 平戸 

 阿弥屋惣右衛門箱書  


Ginza Choshuya All Rights Reserved


銀座長州屋ウェブサイトトップページ