ご注文はこちら
三つのお約束

一覧へ

牡丹獅子図縁頭
銘 英精(花押)

江戸時代後期 武蔵国江戸新橋
赤銅魚子地高彫色絵
縁 38.5mm 頭 34㎜
特製落込桐箱入


特別保存刀装具鑑定書
二十万円(消費税込

Fuchigashira
"Botan Jishi"
Signature: EISEI (Kao)

Yokoya family / late Edo period
Shinbashi, Edo city, Musashi province
made of Shakudo
Fuchi Size; 38
.5mm / Kashira Size: 34mm
Special Kiri Box

Tokubetsu-hozon certificate by NBTHK
200,000
JPY


 横谷英精は初代宗與の門人宗壽の子で、宗珉の養子となった二代宗与の兄。横谷流の豪壮で華麗な作風を特徴とする。この獅子は横谷の典型。縁と頭で陰陽表現を違え、その対比の妙を動きのある構成の中に活写している。赤銅魚子地は綺麗に揃い、しっとりとした光沢を保って縁の金獅子を鮮やかに浮かび上がらせている。頭は色合いに深みのある朧銀獅子。いずれも巻き毛がくっきりと立ち斑紋が鮮やか、目玉は金と赤銅点象嵌で艶やか。



牡丹獅子図縁頭 銘 英精(花押)

牡丹獅子図縁頭 銘 英精(花押)



   

 



Ginza Choshuya All Rights Reserved


銀座長州屋ウェブサイトトップページ