ご注文はこちら
三つのお約束

一覧へ

刀 銘 太阿月山源貞一同作(花押)
昭和六十一年六月吉日



Katana
Taia Gassan Minamoto no SADAKAZU hori dosaku (Kao)
Showa 61 nen 6 gatsu kichijitsu



月山貞一 人間国宝 奈良県桜井市
Gassan SADAKAZU (Born:1907, Meiji 40 / lived in Sakurai city, Nara prefecture)
Recognized as Living National Treasure
in 1971(Showa 46)

刃長 二尺三寸九分二厘 Edge length; 72.5cm
反り 五分三厘 Sori (Curvature); approx. 1.6cm
元幅 一寸七厘 Moto-haba(Width at Ha-machi); approx. 3.24cm
先幅 七分三厘 Saki-haba(Width at Kissaki); approx. 2.21cm
棟重ね 二分二厘
重ね 二分三厘 Kasane (Thickness); approx. 0.7cm
彫刻 表 真玉追龍・棒樋添樋丸止 裏 素剣陰刻・棒樋添樋丸止
Engraving: "Shin no Tama-oi Soryu, Bo-hi, maru-dome" on the right face,
"Suken kage-bori, Bo-hi, Soe-hi, maru-dome" on the back face

金無垢一重ハバキ 白鞘入
Pure gold single Habaki / Shirasaya

昭和六十一年奈良県登録
特別保存刀剣鑑定書
Tokubetsu-hozon certificate by NBTHK

価格 4,300,000円(消費税込)

 火炎を伴って宙を廻る宝珠を得んと、今まさに追いつき手を伸ばす龍神。宝珠は如意宝珠の略で、古代インドにおいて「思うままに願いの叶う宝物」として考えられ、龍神はこれを守る自然界の大きな力と捉えられた。中国を経て絵画表現が進み、我が国の装剣小道具では後藤家が這龍図の金具を製作して治世者の安泰を願っている。刀身彫刻では鎌倉初期の豊後国の修験鍛冶行平の龍が初期のものとして知られ、また、南北朝時代に彫り描かれた相州彫の龍が特徴的。時代が下って幕末には奥州に栄えた月山鍛冶の流れを汲む雲龍子貞一が新趣の彫刻を駆使して覇気ある龍神を彫り描き、その刀身彫刻の伝統は現代にまで続いている(注)。
この刀は、雲龍子の孫に当たる重要無形文化財保持者(人間国宝)に指定された月山太阿貞一の作。貞一は明治四十年の生まれ。幼い頃から祖父と父貞勝の刀造りの姿を見て育ち、十八歳にして自身彫を大阪美術協会発足記念展覧会に出品して入賞するほどの技量と感性を備えるに至った。終戦後も古作綾杉鍛えの再現と彫刻を携えて幅広く活躍、新作名刀展では連続受賞と正宗賞を受賞、昭和四十六年に人間国宝に指定されたのであった。
 彫り描かれた龍神の身体を包む鱗は一枚一枚がくっきりと立ち、猛々しく尖った背鰭が周囲を刺し、宙を掻く手足の爪も鋭く、丸みのある目玉の 光沢強く、点刻が施された顔、角、触覚、髭、鬣までもすべてが一段彫り込まれた中に力強く切り立ち、今刀身から躍り出さんばかり。刃文は龍神が飛翔する天上の雲。小沸に匂を調合して明るく、月山古伝の綾杉鍛えの肌目に沿ってほつれ掛かり、その一部が刃中を流れて層状の金線、稲妻、砂流し、沸筋となり、地中には淡い湯走りが渦巻き、龍神の動きによって激しく躍る気流をも暗示する躍動的景色を生み出し、貞一刀匠ならではの地鉄と彫刻の融合からなる美観が視覚に迫りくる。裏面は龍神とは対照的に静けさの感じられる素剣。

注…貞吉‐雲龍子貞一‐貞勝(帝室技芸員・宮内省御用刀匠)‐太阿貞一‐貞利と続く名流。

刀 銘 太阿月山源貞一彫同作(花押) 昭和六十一年六月吉日    刀 銘 太阿月山源貞一彫同作(花押) 昭和六十一年六月吉日刀 銘 太阿月山源貞一彫同作(花押) 昭和六十一年六月吉日 白鞘

 

 

刀 銘 太阿月山源貞一彫同作(花押) 昭和六十一年六月吉日 切先表     刀 銘 太阿月山源貞一彫同作(花押) 昭和六十一年六月吉日 刀身表中央刀 銘 太阿月山源貞一彫同作(花押) 昭和六十一年六月吉日 刀身ハバキ上表


 

刀 銘 太阿月山源貞一彫同作(花押) 昭和六十一年六月吉日 刀身差裏切先    刀 銘 太阿月山源貞一彫同作(花押) 昭和六十一年六月吉日 刀身差裏中央刀 銘 太阿月山源貞一彫同作(花押) 昭和六十一年六月吉日 刀身ハバキ上差裏

 

  刀 銘 太阿月山源貞一彫同作(花押) 昭和六十一年六月吉日 ハバキ

 

 

貞一押形

 


Ginza Choshuya All Rights Reserved


銀座長州屋ウェブサイトトップページ