太刀
大磨上無銘 城州末行(綾小路)

Tachi
no sign.(O-suriage) Joshu SUEYUKI
(Ayanokoji)


山城国 鎌倉中期永仁頃 約七百三十年前

刃長 二尺二寸二分
反り 五分六厘
元幅 九分二厘
先幅 五分二厘
棟重ね 一分八厘
鎬重ね 二分

金着二重ハバキ 白鞘入

昭和五十六年岡山県登録
特別保存刀剣鑑定書 (城州末行)

価格 百五十万円(消費税込)

Yamashiro province
mid Kamakura period, Einin era (late 13th century)/ about 730 years ago

Hacho (Edge length) 67.3㎝
Sori (Curvature) approx. 1.7㎝
Motohaba (Width at Ha-machi) approx. 2.79㎝
Sakihaba(Width at Kissaki) approx.1.58㎝
Kasane (Thickenss) 0.61㎝

Gold foil double Habaki / Shirasaya

Tokubetsu-hozon certificate by NBTHK
(Joshu Sueyuki)

Price 1,500,000PY

 磨り上げ無銘ながら城州末行(じょうしゅうすえゆき)と極められた優美な太刀。末行は、鎌倉中期文永頃の京都綾小路に居住したと伝える定利一門の刀工。定利は来國行と切磋琢磨し、平安時代の三条宗近や五条兼永らに通じる古風な姿と地刃の作を打ち、個性的な草書体の銘を切る。一門の介定、定家、末行などの遺作は稀有ながら、末行には越後新発田藩溝口家伝来の在銘の太刀があり(注①)、鳥居反り高く古調ながら焼刃の光強く、定利と同じ草書体の銘字で、来派に遜色ない力量が示されている。
 この太刀は、元来二尺六寸余で鳥居反り高く小鋒に結んだ、古調で典雅な造り込み。地鉄も鎬地の柾の中に板目が現れて古調で、平地は小板目肌に地沸が微塵に付いて地肌に温潤味があり、沸の粒子が光を柔らかく反射して輝き、淡く立つ沸映りも玄妙。直刃調の刃文は小互の目に小丁子を交え、処々喰い違い、焼刃が二重に働く。小沸が付いて匂口明るく、匂が立ち込めて霞立つように澄んだ刃中に射す小足の中には、茎方向に傾く京逆足(注②)が交じる。帽子は焼を充分に残して沸付き、掃き掛けて小丸に僅かに返る。茎の一番下の猪目形の目釘穴(注③)が生ぶ穴で、遺されている製作当初の筋違鑢も貴重。来國俊の作に近似し、都ぶり顕著な、同作極め中の優品である。


注①…第三十九回重要刀剣で、『銀座情報』百七十号掲載。重要刀剣の説明図譜では「輪反り風の反り恰好や乱れが備前や備中とは相違して鋒の方に向かって逆がかっているところなどから京物と鑑することができ」と記されている。

注②…山城刀工に特徴的な働き。鋒側に傾く逆足に対し、茎側に傾く足のこと。

注③…鎌倉時代中期に、既に洒落た感性を持つ武士がいたことを窺わせる貴重な資料でもある。

太刀 大磨上無銘 城州末行(綾小路)太刀 大磨上無銘 城州末行(綾小路)太刀 大磨上無銘 城州末行(綾小路) 白鞘

太刀 大磨上無銘 城州末行(綾小路) 差表切先太刀 大磨上無銘 城州末行(綾小路) 差表中央太刀 大磨上無銘 城州末行(綾小路) 差表ハバキ上

太刀 大磨上無銘 城州末行(綾小路) 差裏切先太刀 大磨上無銘 城州末行(綾小路) 差裏中央太刀 大磨上無銘 城州末行(綾小路) 差裏ハバキ上

 

太刀 大磨上無銘 城州末行(綾小路) ハバキ

 

末行押形