大磨上無銘 信國(初代)

Katana
no sign (O-suriage mumei)
NOBUKUNI (the first generation)



山城国 南北朝中期延文頃 約六百六十年前
Yamashiro province, Enbun era (mid 14th century, mid Nanboku-cho period), about 660 years ago

刃長 二尺二寸一厘 Edge length; 66.7cm
反り 五分二厘 Sori (Curvature); approx.1.57cm
元幅 一寸三厘 Moto-haba(Width at Ha-machi); approx. 3.12cm
先幅 八分 Saki-haba (Width at Kissaki); approx. 2.43cm
棟重ね 一分九厘
棟重ね 二分一厘 Kasane (Thickness); approx. 0.64cm
彫刻 表 棒樋・添樋掻流し 裏 梵字・素剣
Engraving: "Bo-hi, Soe-hi, kaki-nagashi" on the right face (Omote), "Bonji,
Su-ken" on the back face (Ura)
金着二重ハバキ 白鞘入
Gold foil double Habaki / Shirasaya

昭和二十六年大阪府登録
重要刀剣(信國)
JUYO (Nobukuni)

 足利尊氏の没後、新たな秩序が模索されて諸国で武士が激突した南北朝中期、京の名匠信國初代は、山城物の古伝を守りながらも、新たな潮流とも言い得る相州伝を鎌倉の貞宗門で修めたと伝える(注@)。地沸が煌めき、地景が密に入った小板目鍛えの地鉄に乱刃や直刃が冴えた作の刃寄りには柾が交じり、来國俊‐了戒‐了久信に連なることを証している(注A)。
 この刀は元来三尺近い太刀の大磨上で、今なお元先の身幅が広く重ね充分に残され、中鋒やや延び、雄渾な原姿を想起させる婆娑羅武士の求める姿格好。地鉄は小板目を基調に杢、刃寄りに柾気を配して深く錬れ、強弱変化のある地景が微塵についた地沸を分けるように網状に入って肌目起ち、刃味の良さと精美さが同調する極上の肌合い。相州貞宗譲りの巧みな鏨使いで刻された梵字と素剣(注B)も信國らしい。細直刃(注C)の刃文はごく浅い小互の目を交えて浅く湾れ、刃縁には純白の小沸が付いて明るく、物打辺りの刃境に小形の湯走りが掛かり、匂と細かな沸の粒子が充満して蒼く冴える刃中には淡い小足が無数に入る。帽子は浅く乱れ込み、僅かに掃き掛けて小丸に返る。大磨上の茎の五個の目釘穴は代々の所持者の背格好に合わせて調整されたもので、武具として大切に伝来したことを物語っている。一番下の鍵穴に似た目釘穴は古雅。信國初代が心血を注いで鍛造した同作極め中の名品(注D)である。

注@…『古今銘盡第一巻』の「山城國来一類系図」。
注A…直刃・乱刃に関わらず刃寄りが柾がかって流れる点等から、信國が了戒系であると認められる(『日本刀五ヵ伝の旅山城伝編』)。
注B…天蓋・梵字・蓮華・鍬柄・三鈷柄剣の彫がある無銘信國の脇差(重要文化財)の剣の彫と形状が酷似している。
注C…康安元年紀の信國二字銘の脇差(第二十五回重要刀剣)が本作と同じ細直刃である。
注D…重要刀剣等図譜に「初代信国と鑑せられる」「出来のよい刀である」と記されている。

刀 大磨上無銘 信國(初代)刀 大磨上無銘 信國(初代)刀 大磨上無銘 信國(初代) 白鞘

刀 大磨上無銘 信國(初代) 切先表刀 大磨上無銘 信國(初代) 刀身中央表刀 大磨上無銘 信國(初代) 刀身ハバキ上表


刀 大磨上無銘 信國(初代) 切先裏刀 大磨上無銘 信國(初代) 中央裏刀 大磨上無銘 信國(初代) 刀身ハバキ上差裏

  刀 大磨上無銘 信國(初代) ハバキ

 

信國押形
Ginza Choshuya All Rights Reserved


銀座長州屋ウェブサイトトップページ